『alt.』

みずくふうなおと境界きょうがいにくりかえすなつのいつか、らないよるのはくはくとうすくかさねられたみたく陽濡ひぬれの隧道すいどうをわたりあるいた。


ねえ、にじんでたゆたうとりどりの、螺旋らせんのまひるにどうしたっていてだからやかましいゆめたの、わたし、けつくあわいのいとの、おぼえそこねのほしのなまえにるんだなんてなぞえるゆびさえくずれておちたひとりごと、このにうつしてねむるよに、しずかに。


せはてついえてからからと、ちいさなうそがばかみたくてられたのゆきはてぞらまでまつわってきだったんでしょう。わすれることすらわすれるくらい、あざむく四涯しがいはなひとつ、ゆわえていろづくたしかな終焉おわりっていたんでしょうどうせ。くしてしまった言葉ことばだけ、ひろわれなかったいのりだけ、むくわれたかった昨日きのうだけがそれきりばかり斎沙いずなのつめさきかすめもしないでどうしたってほどかれたがったんでしょうあなた。
けれど、なかないで。


さよならをうんだとおもった。
ゆくふねかえりようのないことはだれにもれていた。
ねつきて、かげきて地表ちひょうのぜんぶがおまえなんかいらないいらなかったとわめきちらすいまになってもかなしいだとかさみしいだとかかんがえてやるつもりなんてほんのひとかけらだってあたしにはなかった。
なのにあなたはうずくまってちいさなこえでせかいにうたいかけてこのうえなくきれいだった。
きらいになんてならないふうだった。


おもをあげる。
あなたがわすれたあなたの今日きょうを、わたしだけがいつまでもおぼえていてあげる。
とおいとおいどこまでもとどくひかりの温度おんどを、わたしだけがえいえんにおぼえていてあげる。
だから、なかないで。


なにをわかるでもないわたしだった。
なにをわかるでもない貴方あなただった。
なにをわかるでもないのだからなにをもわかれないでわかられもしないわたしたちだった。そうでしょう、いまだって。
つうずるかなたのひとひらだってありうべくもないわたしでしょう、貴方あなた
そんなんでだってしんじる文聲ふみごえてきれないのが貴方あなたでしょう、ずっと。
きいてるの。


ああ、あのつきはなしがしたい。
くだらない、くだらない、くだらないいしっころのはなしがしたい。
大丈夫だいじょうぶだって、おもえるくらい。
だいじょうぶだって、おもわれるくらい。
どうか、なかないで。

コメント

  1. […] 『alt.』水みずの透すくふうな音おとの境界きょうがいにくりかえす夏なつ… 日常 物 雑記 SUZURI 日記 スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー ゆきひらさぎりをフォローする ゆきひらさぎり Spherules […]

タイトルとURLをコピーしました