『Astrorama』

共棲きょうせいするいくつかの深淵しんえんわたしたちはのぞきこんでいる。
かたどりうるすべひとつれないままであなたはしずかに微笑ほほえんでいる。
燃焼ねんしょうするほし内奥ないおうえぐりぬかれた螺子ねじ群塊ぐんかい多元性たげんせい記述きじゅつする、こえでね、ずっとそう。

ひとつきりでいたいの、ひとりきりでいいの、ひとかけひしるの、あなたの部分ぶぶんであればわたしはそれでいいの(“とう”をきとめる)。

おそらにかべでもあるみたい、どこにもなんにもひもづかない。
孤独こどくのうちにはまたちがった孤独こどくがあって、そのどのうそなら交接こうせつしたい?

濫造らんぞうされてわっかんない、博物標本はくぶつひょうほんとりまとめ、つったって宇宙うちゅうなんて有限ゆうげんっぽいことおねえちゃんはってるしあたしどうすればいい。ねこ、なでればいいの、無際限むさいげんに。

先週せんしゅうくずれた世界せかい事象じしょう劇場内げきじょうない羅列られつされて索引さくいんもある。さあ。

『あ』

あ【足】、あ【畔・畦】、あ【阿】(辞書じしょ?)、候補こうほ候補こうほ候補こうほ……アストロラマ(すてきなことば、とわたしはおもった)、描線びょうせん拡散かくさんする、集束しゅうそくする、やあ、またえた、ねえ、またえる、ゆめでなくとも。

ややもすればごとにかみる。
駆動くどうする身体しんたいきしみにってわたしはながらえる。
教義きょうぎ一節いっせつねじきるそばから路傍ろぼう放擲ほうてきする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました