『花雛』

 あたしは荒野のおおかみだ。



 れることもなく、つがうこともなく、かしずくことも、べることもなく無辺むへん彷徨さまよっては、嬋娟せんえんにそら吠えし、曦軒ぎけんすなを噛み、霄壌しょうじょう露華ろかすすり、汀瀅ていえい花托かたくめ、冥冥めいめい臥遊がゆう、ひとり微睡まどろんでいる。



 あたしは荒野のおおかみだ。



 君の年老いた友人、置きざりの子ども、あるいは──かぎろいのような、たそがれのような、もやのような、幻肢げんしのような、忘れられた故郷のような、行き去ったまれびとのような──小さな箱に収められたあらゆる神聖なものの(それはたとえば情愛だとか祈りだとか高潔だとかいったものの)斑気むらきのこかすだ。

 

 あたしは荒野のおおかみだ。



 淡くとけゆく彼岸の境界を、かつてあったはずの愛の透徹とうてつを、乱反射するかげを、さざなみを、虚舟きょしゅう輪郭りんかくを、いまもはるかに見つめている。



 あたしは、荒野のおおかみだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました