『カノン』

いくたびだかそらの、かさなるふうにらいでうの、わたし。


うずくまって風花かざはな疴濡あぬれにきさいだくびすじばかりをくくみこんでゆみなりにおおる、つめさきに仮象かしょうする、ならば、ねえ、色地しきぢかおらぐ矩苑くえんにさざれてそらごとなみみたい、ゆきみちどれかの靡果みはてにつうじて綾綴あやとじごしにもうみたい、うそみたい、だから音律おんりつのささらたってらないかげすらみぎわゆめみる小燈こともしは、かわりのいつにもないってふりしてうたってずっとうるさかった、なのにほんとうひとつもわかりやしないでわらっていたんでしょうどうせ、あなた、ぬとかどうとかきるとか、いたいとか、いたいとかいたいとかいたいとか、いたい、いたい、いたいんだってことをなんでもないことのようにほうりだしてあののなにをみていたつもりなんだよ、おまえ。


私覆しふくのぞいてくしたものの輪郭りんかくばかりなぞる気持きもちでいるの、なんにもどこにもれないでだってつたわるきならかんちがい、していたいんならりばめて、ほしごと無涯むがいかえそうよ、いますぐに。


きれいだよっていたくて、いつかはきみに、それだけかかえてだから、詩篇しへんりたつ世界せかいだなんてものだってぼくたちはしんじていたかった。まだあまいみず玄脈げんみゃくかたどって九界くかい渺化びょうかする。四元しげん虚邈きょばくにまじりあって花岸かがんきはせる。窓辺まどべけつくすなばかり、残燁ざんようめかしてただれた耳朶じだすら夕明ゆあけのまがいにひさめかす。


結晶けっしょうみたいに舌先したさきに、いつわりだろうとそのつめたさをたしかめるのは、もうながくねむらないちいさなのひらにだってこぼれるいとのあることを、きっと、ってほしかったから。


つきどものたてる、あらゆるいちどのはじまりの、いちどっきりのおわりのいつか、時間じかんなんてありもしないものをあるふうみたくきかえる、旋律せんりつしずかなつらなり、こぼれてしまっただれだかの──とぎれとぎれのかすかなこえおとのこと、っていますか。わからない? そうね、先生せんせいも……どうしてかしら、先生せんせい先生せんせいらないひびきのどんなうつくしさだってあのひのおもいですこしだってかすめないであいしてて、なのにあたしはあのこのゆびさきのゆうみたくつむぐすべてのことを、すべてのおとをどれほどすきでいたかということをもうおぼえてはいなくって、なまえをわすれたの、さがしてみてもどうしても、なんで、さいしょからいなかったみたいにそんなふうにあたしをおいてったんだろう、なんで、なんにもなかったみたいにぜんぶをささげていのらなかったんだろう、なんで、なんて、あたし、なんでいまさらおもうんだろう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました