『火凜』

颸颸しし翠衍すいえんうるはしみすふなみどりこどものうたかた、花雪はなゆき四方しはうゆくかたひはるこはな乞劫こひこふ聲音こわねこずみてさなづ小春夜こはるよなずらひざまに繊弱ひはづていとてさだねてる。


幽宮かくれのみやにはひとりきり、微睡まどろむばかりでなにともつかないあのがいまも、いまでもいつも、いつまでもいる、いた、いたかったんだね、きっと。


わたしがどうしてわたしのままで、わたしばかりかかえてわたし、わたし、わたしなんていってずうっと、ねえ、わたしでいるのかなんてだれにだってわかりはしないでしょうに。


わたしはだから、いのったのね?
わたしはだから、くずるゆびさきをあてた。


わらないでかわる、わるみたくかわらないのがうらやましかったんだね?
あなた、あなた、あなたみたいなだれだかに、わたしはきっと、なりたかったんだね。


水底みなそこの、あわくかすむふうなそんな世界せかいをそれきりずっとつないでいたかったんでしょう?
ばかね。


よるきだった。
なんにもすこしもとどきやしないでながめているのがきだったんだよ。
でも、それももうおしまい。


みはてのひずみのさざなみるんだと、いつわるばかりでいるんだときいた。
ほろびのしずかなゆめがいい。
あなたのさめないあさがいい。
あいとか、つめたさ、らないわたしでぜんぶがわればそれでいい。

ゆびきりしようよ、ひとつだけ。


あおはきれいで、だからそらばかりてる。
かぜよみの調しらべのどこまでだってひびくふうでけれどかたちはない。
だれのことばでもない。
だれのうたでもなかった。
だからそらばかりている。
かたちなんてない。


ゆらめくの、とおほしのように。
うそでもいいってきっと、わたし、いったから。
おぼえてる?
うそでもきれいなはながいい。
ほのおみたいに、けつくあかがいい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました