『仮粧』

 廻廊越しの時間の部分は古びて遠くて停止した破線に似ている。

 似て見えて、たぶんだけれども波打ってはいない。

 停止した、停滞した詩篇越しの領域が水月寄りの時針であるのと変わらぬように、わたしはいつでもきれいな途方もなさのただなかに置きざりにされたふうな心持ちを忘れないで抱えて生きていて、だからかいつまでだって世界を眺めていられるのだった。

 旅の途中といえばそのとおり、わたしはわたしの知らないどこかを漂泊するのがつまりは生きるようなものだと自認して他にどうしようとも思わないわたしだったから、どうにもしないでなんとなく遊歩するふうな今日とか昨日とかいったものを浪費しつづけいまだって渡っているのだけれど、そうした折折の価値というものはそれなりにわかるつもりでいて、そう、あなたにだって説明できるよ瓶越しにだって。

「境界とかいちばんうるさい」

 そうだね境界がいちばんうるさいわたしもそう思うよとわたしは中空を描画するあなたに向かって答えた。

 色の薄く無いみたいなかすかさの無闇にあざやかでわけがわからないという感想ばかりを地面に残したいとわたしは思った。

 地面は沙で、とどまる気配はない。

 あるいはとどまる可能性があるのかもしれなかった。

 だが待つのは怖い。

 機を逸すれば永遠になる。

 あなたが死ねなくなる。

「ね、ゆびきれいだよね」

 瓶越し、あなたの言葉のひとつだってうそだったことはないいつわりはない吐けないようにできているのがここだから、この領域、抜けるまでは真実でいるしかない、とわたしは思考する。

 伝える。

 ゆびさき。

 鈍らないでまだわたしでいられていることのゆびさきからわかってゆく。

「真実」

 そう、真実。

 しんじつ。

 本当のこと。

 であるしかない。

 いるしかない。

 わたしたちはあまりにながく歩きつづけたのかもしれないねって、思っているのもほんとうで、だから、それも伝える。

「瓶越しに。境界越しに」

 ちいさな椅子にちょこんと在るのがあなたでしょうってわたしは言った。

 そうして出会ったわたしたちだったでしょう。

 わたしたちは互いを知ってそんで至ったのだったこのわたしに、わたしたちに、そういう連続のなか、わたしはいつでもわたし以外のすべてを否定したかったあなた以外のすべてが気にいらない、そうすることでしかまもれないものがあると教えられたからだった誰かに、だれだったか。

「次が見えたよ」

 境界。

 大気の層の可視化されてどうしようもなくわからなくなった空間ばかり綴られていませんか。

 いつかはまとめられるんでしょうかどうしてか、どうやってかまとめられるんでしょうかひとつなぎにたしかに?

 そう思えた。

 だって、思っただけなら平気っぽいっぽいことをあなたは言ってて瓶越しに、ぽいぽい言っててだからかそうして隔てるなにをも響かせないでも硝子の向こうで手なんてつないでわたしたちは在ったって責められなんてしないんだよねって思ったっていいんだよねってわたしは思ってて、ね、いまだって。

 いられて、いつづけて、いつづけられて、歩きつづけられて、わたしでいられて、あなたでなくもない、たしかめて、呼吸だってできちゃって、もひとつ境界。

「いつでもいいね」

 越えればいつでも過去になる。

 だからいつでもいい。

 いつだって、いつにだってわたしたちは歩きだせる。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました