知識やお金が無いせいで守れないとか助けられないとか絶対いやじゃないですかって言われたらそらそうやなって答える.

雑記

ね、実際いくらでもある事象だろうし
お金が無くて諦めるとか知識が無くて選択を誤るとか、そのさきにいまこの瞬間も失いつづけているものだってありうるわけで


これから失いうるものだっていくつもありうるわけで
どうするか、とか、どうしたいのか、とか、考える人はたくさんいると思うんだけど、でもどんな判断をしたところで現実を澱みなく歪ませることなく捉えられていないと結果後悔に結びつきかねませんから


だから思考を濁らせる心配であるとか悩みであるとか不自由さは極力排除しておきたいしちからをつけておきたいと思うの


望むように生きるために失わないためにいろいろやるよねっていう
行動しないしんどさを俺はよく知っているので、もう戻る気はない

ここでのわたしはゆきひらさぎり以前やなあって思うんやけど.

どうしようかと思ってて
このままでよいのだろうかと


ゆきひらさぎりに徹する、みたいな
ずっと曖昧で思いつきで気分次第でやってきたけどそろそろ定めたいのかもしれん


ブランディングじゃないけどさ、いったんそのへんはっきりさせて、ひょっとしたらおもしろいかもしれないじゃないですかってね、わからんけど


なのでちょっと考えているのですが、これというものの思いつくかすらあやしい、たのしい

『かげきしょうじょ!!』のOPが明るさのなかになんかある感じでいい.

あるかどうかは知らない
たまたまPrimeビデオのトップにあって再生しているのだがよいかもしれない

書くことについて、そして描くことについて.

文章と絵と、両方の質を高めたくなったのでそうすることとする
作家になるとかイラストレーターになるとか漫画家になるとかいったことではなく、ゆきひらさぎりをちゃんとやる、、、、、、、、、、、、、、って話です


いや、これまでもやってはきた
そのつもりだったんですよ


でも浅瀬でちゃぷってただけだったかもしれないと昨日ふと思われたので
じゃあ変えよう、と


そういうことです
なんとなく、自分のなかで退屈しているところがあったんですね


ぱっとしねえなっていう
なにかを抑えているような感覚があって


それはやっぱり解放しておきたいので

手癖で描く、をやめればうまくなるんよな.

しかしそもそも俺はどういったものを描きたいのだろうか
描いてたしかめるしかない

書きたいことを書きたいように書いてうまくゆくならそれがいちばんいいんじゃない.

作品であれなんであれ
実際は需要につながらなかったりするんだろうけど


でもやってみるまでわからないことだし、書きたくないものに時間を費やすのはたいへん
なにより退屈だったりするから、やっぱりちゃんとおもしろいと思えるものを書くのがいいと思っている


長くつづけるうえでも、自分を裏切るようなことをしないって大事ね

コメント

タイトルとURLをコピーしました