いちばんはじめにあったもの.

雑記

つくる、という行為にまとわりついて鬱陶しいものらの枷となりうることについては自他のあれやこれやを経巡る過程で「ありますよね」といった距離感の捉えかたに落ちついていて、いつでも捨てられるし概ね捨てている


拾いあげることもできるし握ってはなさいこともできる
そうした自在性を僕は獲得した
よって苛まれることはない


そもそも僕にとって必要なものではなかったのだと思う
必要でないものをそうでないかもしれないと感じてしまったのは端的に、周囲がそうしていたから、だったのだと思う
気にかけるべきだとか問題にすべきだとか理想だとか目標だとか、なんでもかまわないがとにかく創作とはそういうものなのだろう、、、、、、、、、、、、、、、ときちんと考えないまま認識してしまっていたからだと思う


ぜんぜん関係無かったのにね
だって、自らのつくったものが世界になんら働きかけることもなく消費されることもなく見向きすらされなくてなんの問題があったろうか


そのためにつくることのできない、、、、、、、、、、、、、、、ある種の不能である僕が、そこに拘りなにを成しえたろうか、成しえるだろうか
いややればわかるんだけど、やりつづければね、でもつづかなかった
どっかで嫌になっちゃって
もともとそういう人間じゃなかっただろうがお前はって思ったもんね、自分で


わたしは誰かに褒められるために認められるためにつくりはじめたのだったか?
おもしろかったからじゃないの、シンプルに


アニメ『映像研には手を出すな!』を観ていて思ったのは「想像するのってたのしい」「なにかをつくるのってたのしい」という類の、おそらくではあるのだが、いちばんはじめにあった感情とか昂りといったものに立ち返らせてくれる作品だな、ということで、責任を伴う制作とそうでない自由な制作、つくるという行為とそれ以外との線引きとか折りあいをつけるとか、そのへんの描かれかたも心地よく感じて、だから気に入ったのでした


なんで書くの?
ああ、たのしかったな、今日もいい日だったな、よし寝よう
で完結させたかっただけなんじゃないの


なんかわからんがすごいものを書いている気がするぞ、とか、やはり俺は最高…天才…とか、そんくらいの頭の悪さでいつまでだって在りたいだけなんじゃないの
でなけりゃどうして俺のような人間が書きつづけていける?


退屈したならやめればいいし、書く以外の選択肢だっていくらだって増やしてかまわない
自由→不自由→自由を経験したからこそ身につけられるしなやかさもあるのかもしれない

『インディゴ』、順調に読みすすめているわけだが.

世迷言だか妄言だかのような描写であるとか比喩とかいったもののなかなかにおもしろく、特に後半より饒舌になるというか、これはよい…という感覚を噛みしめつつ頁をめくれているので買ってよかった


振りかえりつつ何か書く、ということをひょっとしたらやるかもしれない
小説らしきものを書きたい気持ちもあるので、なにかしら動いてゆけたらと思う

ひさしぶりにおしゃべりしました.

コメント

タイトルとURLをコピーしました