僕は大豆を水に浸しておくことにした.

雑記

その他根菜菜物等と煮るためである
現在は玄米と大豆が主食になっていて、かといって別に健康志向であるとかそういったことではなく、たんに一日一食であるためそれなりのものを摂取しておきたいからそうなっているだけなのだが、それなりに味わいぶかくそれなりに満たされるものであるらしく、だから結構な期間つづいていたりする

脂質糖質は控えめで、ぼくの場合それで問題ない、落ちついている、控えめの内訳にアイスをパイントで食べるなども含まれているが、おそらく時折挟まれるそうした行為によって均衡が保たれているのだろうからやはり問題ない

今日は朝から雨が降っていて「洗濯物」と思う、乾燥機はない、サーキュレータでなかば無理やり乾かすかたちになる、案外乾く、なのでこれも問題ない

ブログの運営はたのしい、書くことそのものが目的で、だからこそこうしたたのしさがあるのだと思う、いま目的と書いたが目標という語に関して思いだしたことがある、回避目標ってあまりよくないらしいね、精神的に、嫌なこと避ける、しなくていいようにする、といった目標の立てかただとだんだんと滅入ってくるみたい、あれを手に入れようとかこうなろうとかこうしようとか掴みにゆくたぐいの目標、それもより具体的な目標の立てかたが望ましいそうです、あーってなった

9月の『今月気になった本』に.

『樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声』
『動物たちの内なる生活 森林管理官が聴いた野生の声』
『社会学的想像力』
『味の台湾』
『言語的思考へ 脱構築と現象学』
『「知の商人」たちのヨーロッパ近代史』

を追加した
↓記事内表題に※がついたものは購入済
動物たちの…は樹木たちの…の作者による続篇だが、樹木とちがってまだ文庫化されていない
されたら買うと思う

肝心なことをさらりと話せない言葉に置き換えられないのは単に不自由であるからだ

ぼくはそうしたところで唸りつづけて結構な歳月をすごしてきたように思う、語りうるとか伝えうるとか捉えうるとかいったことはまだ考えられないしこれからも考えられないように思う、一生考えないかもしれない、ように思う、だが、しかしそれがどうした、という感じもほろほろと身のうちのどこだかに転がってあって、だからなんもかんも嫌、とならないでいられている感じもあって、だからこんにちこうしてここに在ることができているようにも感ぜられて、だからそういうことなのだと思う、感じるし感ぜられるのである、どうなのだろうか、僕はなんとなくとかぼんやりとかいったものを携えようやく生きのびているだけなのかもしれない、だとしても、しかしそれがどうした、ではあるのだが

蒐集された78回転レコード音源が聴けるサイト.

Random Selections → Play/Skipでランダム再生がはじまる
Searchもできるみたいだけどそもそも探したいものがなかった

https://www.locserendipity.com/
78回転レコードをランダムに再生してくれる「Archive.org Serendipity」
インターネットアーカイブは、ネット上にあるコンテンツの保存にとどまらず、さまざまなコンテンツをデジタル化して保存することも行っています。「Archive.org Serendipity」では、インターネットアーカイブに保存された78回転レコードのコレクションをランダムに再生して聞くことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました