日記寄りの何かにしたいような気がするので試みる.

朝から『イリュミナシオン』を読む、読む様を撮影する、撮影中は集中でき、気分がよく、順調にすすめられ、といって特に速読などできるわけでなくできたとしてもそうした読みかたの求められるたぐいの書籍だという発想はなくどこまでもたのしみのための読書であるためゆったりとした読みかたにしかならずなっていない、となるとYouTubeへのアップロードも含めどこまでも自分自身のための行為であると感ぜられるのだがしかしそれでまるでなんら問題はないわけで、なのでふわふわと読んでいる、いられている、それはそれとしてYouTubeへの動画投稿時「『ILLUMINATIONS I』と表記すべきか」と毎回考えるのだが考えるだけで『イリュミナシオン』のままアップロードしつづけている、「『合同会社 イーケーステイス』も『合同会社 EK-Stase』と表記すべきか、と毎回考えるが考えるだけで『合同会社 イーケーステイス』のままアップロードしつづけている、どちらかではなく併記すればよいのでは、と毎回考えるが考えるだけで『イリュミナシオン』『合同会社 イーケーステイス』のままアップロードしつづけている、そういうこととなっており、そういうものだと思っている、現時点で読みかえしたいのはアンリ・ミショー著 宮脇 諒訳「山の娘」「完全性に向かって」、矢田 真麻著「音読者」か



弟者氏の実況を流しつつ家事をこなしていたら「なんでもいいから高圧洗浄したいぞ」という気持ちになった、さらに、何を、誰を、という気持ちになったためいくつか候補をあげようとしたがこれといってこれというものがなく高圧洗浄のしたさだけがわたしのなかに残ることとなった、わたしはいったい何を、誰を、という気持ちでいまもいる



ヨーグルトに冷凍ブルーベリーとはちみつを入れて混ぜ、食べる、ということを連日行っているのだが、食べすぎる、ということも連日行っているため控えたい、ほどほどがよかろう内臓だって冷えるはず、とそうしたことを考えたためである、のだが、考えたさきから食べすぎるということを行っている、考えるだけだと考えるだけに終わり考える以上のことにならないということらしい



これは観ます、観られる環境であれば、観ないという選択肢は無い、FODで既に配信が始まっているらしいが加入するつもりはない



『今月の気になった本』にヴォルフガング・ヒルデスハイマー著 小島 衛訳『詐欺師の楽園』を追加、おもしろそう

U237 詐欺師の楽園 - 白水社
天才詐欺師とその甥の数奇な人生の物語 天才的な贋作画家がバルカン半島の某公国を巻き込み実行した大計画の顛末は? 現実と虚構の境界を軽妙に突く傑作コミックノヴェル。金持ちで蒐集家のおばに引き取られたアン

コメント

タイトルとURLをコピーしました