ランバーロール、読んでみたい.

一年に一冊出るってなんかよいですね

ランバーロール 04 | タバブックス
ランバーロール 04

読んでいる本や映画の台詞、字幕などに知らない単語があったらその都度、辞書を引きましょう。これは初歩的なことですが、実はとても重要で、実はよくわかっていない言葉があるのに気がつかないうちに読み飛ばしてしまっていることがあります。(中略)辞書を友達のように身近に置いておきましょう。友達よりも頼れます。

北村 紗衣著『批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く』p.25

友達よりも頼れますでちょっとわらってしまった、しかし実際そのとおりなので辞書は常に傍らにあるしわからん言葉やあやふやなままの言葉に関してはほぼその場で調べている、ほぼ、というのはごく稀にではあるのだけれども読みすすめるのを優先して調べないままになってしまうことがあるからでして、よくないなと思いつつそんなようなこととなっておったのですがもうやりません金輪際やらない、ちなみに金輪際とは二度と繰りかえさないという強い決意、確信を表すという意味のほか、どこまでも、とことんという意味でも使う、仏教用語としては大地の下百六十万由旬ゆじゅんの深さにある金輪の底、世界の果てをさす。由旬は古代インドにおける距離の一単位、帝王の軍隊が一日にすすむ距離とされ、約一〇キロメートル、約一五キロメートルなど諸説あるとのこと、金輪は三輪さんりん四輪しりんの一、地下にあって大地を支える大輪、三輪とは大地を支える金輪(または地輪)・水輪・風輪のこと、四輪とは三輪にさらにその下にある空輪を加えたもの、といったことが大辞林に書いてあった、それはそれとして金輪の項目に金輪王の略とあったためでは金輪王とはなにかと調べてみると転輪王の一とありでは転輪王とはなにかと調べてみるとインド神話で正義によって世界を治める理想的帝王とあった、鉄輪王・銅輪王・銀輪王・金輪王の四輪王がいるらしい、仏教では三十二相・七宝を具備するとされ、天から感得した輪宝を転がして四州を治めるとのこと、輪宝は車輪の形をしており王の外出の際にはその前を進んで障害を打破するのだそうな、三十二相は仏の持つ三二の優れた身体的特徴なのだけれどもさすがに書きだしていられないのでコトバンクへのリンクを張っておく

三十二相とは - コトバンク
日本大百科全書(ニッポニカ) - 三十二相の用語解説 - 仏陀(ぶっだ)や転輪聖王(てんりんじょうおう)(神話上の優れた帝王)が身体に具(そな)えている32の特徴的な形相(ぎょうそう)をいう。三十二大人(だいにん)相、三十二大丈夫(だいじょうふ)相、三十二大士(だいじ)相、大人相、四八(しはち)相と...



七宝は七つの宝物、経典によって説が分かれるらしいが「無量寿経むりょうじゅきょう」では金・銀・瑠璃・玻璃・硨磲しゃこ瑪瑙めのう・珊瑚、「法華経」では玻璃・珊瑚を除き真珠・玫瑰まいかいを入れるとある、瑠璃はラピスラズリ、玻璃は水晶だが硝子の別名でもある、硨磲はシャコガイのこと、瑪瑙は玉髄の一種、石英の微細結晶の集合体で、層状または縞状の模様のある鉱物、玉髄=石英の微細な結晶の集合体、石英は二酸化ケイ素からなる鉱物、六角柱状または錐状の結晶である、玫瑰は中国に産する美石の一だそうです、とこんな感じで単語一つから次次つながってゆくことがあり調べはじめるとたいへんなこととなるためそれが理由で後回しにしたりしなかったりしていたわけですね、次からすぐに片づける



連載を多数かかえた職業作家の一日がやばくて最高だった、やっぱり食べないんだ



『SPICE FACTORY ザ・クラフトコーラ』とやらを見かけて気になり買って飲んでみたところスパイスが主役らしくおもしろい味だった、ひょっとしたらもう一度買うかもしれないがすぐまた飲みたくなるような印象はなくすぐまた買うということはないように思った、ただ癖になるたぐいのものだとも感ぜられ、したがって癖になる可能性はあった、なんとなく、ウィルキンソンのジンジャーエールを飲んだときのことが想起された

SPICEFACTORY ザ・クラフトコーラ(450ml)|その他炭酸飲料 | 炭酸飲料 | 商品カテゴリ一覧 | 商品・キャンペーン | ポッカサッポロフード&ビバレッジ
SPICEFACTORY ザ・クラフトコーラ(450ml)|その他炭酸飲料 | 炭酸飲料 | 商品カテゴリ一覧 | 商品・キャンペーン | ポッカサッポロフード&ビバレッジ
「ウィルキンソン」 ジンジャエール PET500ml|炭酸飲料|商品情報|アサヒ飲料
アサヒ飲料の炭酸飲料商品情報です。商品ラインアップ、成分情報、原材料名、アレルギー特定原材料、原料加工地・産地をご覧になれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました