書くことを決めずに書くことのたのしさ.

ここでの文章、僕が書くもののほとんどのいまはなんにもないまま打ちつらねるかたちでかたちになっている、ため読みづらくそれはどうなのだろうという気持ちで常からいるのだけれどもいるだけでありじゃあやめますもっとちがった書きかたに切りかえますといったふうにはならず、なりそうもなく、ならなくてよいと思う、と書きつつ書きかたのときどき変化していたりするのだけれどもそれはさておきかつては意志だか主張だかわからんことの諸諸が自然表出した折もあったように記憶している、不純物というならばまさしくそのとおりであり要は僕は外界への反応として生じた凝ったもやもやのなんとかして解消したかっただけなのかもしれなかった、僕自身の欲求であるとか願望とか衝動ではなく他者への反応としての欲求であるとか願望とか衝動であったのかもしれなかった、かもしれず、かもしれなさの果てにそうなったのであるならばそれは結局のところ必要なことだった、しかし僕自身に必要なことが僕以外に必要であることはそうはないのではないか、どこまでも僕自身のために書くという以上それはもうほんとうにいろいろなひとに対して背を向ける行為なのではないか、というかもはや僕以外のすべてのひとに対して背を向けている状態なのではないか、最高に気持ちいい行為なのではないか、たのしいからきもちいいからだからそうするということの自在に叶えられる場を持つことはたぶんだけれども多くのひとにとって価値のあることなのではないか、誰の話も聞かないで自分の話だけしてはい終わりさよならってことをあなたはもっとしてもいいのではないかって僕は思っているのかもしれないあなたがどなたかは知らんが



そこはかとなくかわいい

コメント

タイトルとURLをコピーしました