日日の切れはし:20200728

日常

どうも、ゆきひらさぎりです
先日歩行中にねこと遭遇しました
なにげなく横を向いたら1mほどさきにうずくまっていたのです
しばらく見つめあった後、わたしたちはそれぞれの旅に戻りました
キジトラでした

「ほんの一瞬のあいだ、死ぬほど疲れきったぼくのからだのなかを、あるやさしいものが、通り過ぎていった。ぼくはいった、窓を開けてください、何日か前から飛べるんです」

というわけでヴェルナー・ヘルツォークの『氷上旅日記 ミュンヘン‐パリを歩いて』を探しているのだが……どうも入手困難っぽい
オンラインでは見つかりそうにないし、仮にあってもお高いでしょうし
実店舗で古書を探すしかないのか……


内容についてはほとんど情報を持っていないのだが、幻視系の、なにか異質なものであるらしく、引用等で読んだかぎり文章もよい
いずれ手に入れたい

定価よりはずっと安い、が、それなりのおねだん

なにがって?
平凡社の『彩色江戸博物学集成』である
江戸時代に作成された動物、植物、鉱物などの図譜を集大成したものだそうで、501頁(ってAmazonに書いてた)の大著
定価は20000円弱
中古が6500円~(2020年7月8日時点)
これは欲しい……でも邪魔……でも欲しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました