日日の切れはし:20200814

動画

どうも、ゆきひらさぎりです
たとえばなんらかの制作をしている人間、すばらしいものをつくる方のSNSっておもしろかったりするじゃないですか
着眼点であったり、変わったものめずらしいものをおもしろがる感性であったり
Twitterなんかだとすぐに流れていっちゃうんですけど、そうした人たちをフォローすることによって得られる情報って使い方次第では大いに役立つものでして
だから消費することに、通り過ぎてしまうことに慣れないほうが良いかもしれません
大切なのは情報を使ってゆくことです
行動や作品に反映させてゆくことです
でないと簡単に埋もれます
おなじようなひとがいくらでもいますから
どうにもなってなさにうんざりしてしまうまえにどうにもなってこなかったこれまでを見つめなおし一瞬一瞬を楽しむ準備をしましょう
行動してください
作品をつくってください
積みあげていってください
アーカイヴし、誰でもアクセスできる状態にするのです
そして常に次の一手を考えましょう
過去の作品には勝手に働いてもらうのがよいです
新しいものをつくってください
テクノロジーを学び、ビジネスを学び、人間を学びましょう
人間……はめんどくせえなあんま好きじゃないし例外もあるが……いやその、人間にはわからないものわかれないものを否定する性質が、これはマジであるので胡散くさい事象を見かけたらまず何が起きているのか、何をやっているのかきちんと理解するところからはじめる癖をつけておいたほうが良いでしょう
まず知ること、まず学ぶこと
よくわからないままに肯定したり否定したりわかったふうなことを言ったり書いたりするやつってのがいくらでもいやがるんですけどそうした連中に間違った認識を植えつけられんようにしましょう
特にお金が絡むとやたらと否定したがるタイプ、これはちゃんと勉強していないことが多いです
もっともらしい見解ほど疑ったほうが良い
もっともらしく感じる時点ですでに古く、いまの時代に合っていなかったりするので
あと、若い=新しい、ではないです
年齢ではないです
そこに引っかかっている時点でもうズレています、勉強してください
旧世代(実年齢でない)の言説に脳をやられた人は年齢一桁の時点ですでにズレています、勉強してください
なにごとも己の目で見極めましょう、勉強してください
くもりを払って美しい目を保ちましょう
しっかり考えましょう
考えるとはどういうことか、しっかり考えましょう
無知や無思慮のために自身の可能性をつぶすひとはたくさんいます
後悔するにせよ(そこは誰にもわからんことだしな)、まああれです、とにかくやりきって果てましょう
別に食っていきたいとか制作以外のことをしたくないとかそんなん無いよってんであれば問題ねえから適当やって静かに暮らせ
その場合目立たないほうがよいですから

自分のわかっていなさ加減がわからないとそもそも危機感なんか抱けないし外界への不満を垂れ流す人生でした完とか余裕でありうる

前例の無い状況にぶちあたった際の最適解って相当学んでいないと導きだせないしそれだって覆る可能性がある
失敗しようがなんだろうがとにかく動いてゆくしかなかったりする、すげえ手さぐり感
使えるものはすべてつかって今なにができるかを考えるしかない
常識、とあえてこの言葉をもちいますが、常識的に考えていては打開できないかもしれん
手札となりうるもの、利用できるものを見つけるための観察からはじめなきゃならないのかもしれん
意識にものぼらないような存在が実は鍵であったりとかわりとある
あとまあ与えられることに慣れているとそういうとき困るよねっていう
問題をとく、課題をこなす、任務を遂行するとかいろいろ
言われたこと指定されたことをやってりゃそれで済む状態ってそれなりのしんどさあるんだけど道を道だと判別できる時点でめっちゃ楽、頭使わなくていいので
でもだからなんにも提示してもらえない誰にも答えがわからない自分で考えて自分で決めてやってかなきゃってなった時にあれやべえってなる
なんにもできない自分と向かいあわざるをえなくなる
ただ基礎をつくるうえでは重要なのでなにか新しいことをしようとしたときにうわやっとけばよかったねこ~ってことは起こりうるんですよ、だからまあ時間つくって取りくんどいたほうがいいとは思う
むずかしいことをしたいときたとえ嫌嫌であっても積みあげたものが助けてくれたりするので、そういう意味では価値がありますね
あ、なんの助けにもならないこともある
役立てられない自分の無能さに首を絞められることもある
たいへんだな人生って

と思いつきで構成もなにもなく書いているんだけどこれにいったいなんの意味があるの?

しらんねこ
いや、書いておいたほうがいいな
すくなくとも自分のためにはなる
こうしたぐるぐるを頭のなかに残しているといつまでもぐるぐるしてしまって消耗するじゃろがい
ぜんぶ出してすっきりしておけばあたらしい思いつきがでてきやすくなる気がする(世迷言感ある)
思考の整理にもなる(整理するほどのものが頭のなかに???????ただのねこでは???????????)
この??????????めっちゃ打つのすでに時代を感じる!?!?!?!?!?!?!?とか
ぼくはもともとそういうの使わないというか乗っからないというか草とかも書かんし?なんだけど、絶対そうしないという、あれだ、確固たる意志というものをもってそのようにしているとかではないのでたまにやらかす、いや、やる
でももうあきたしやらねこになるとおもうそろそろ
ねこなのでそうなる

気が合うな、岡本太郎

ぼくよりはるかにおもしろい人間だけど
ついさっき買って読みはじめたんだよ
作品はほぼ知らない
あとはあれ、ピカソのドキュメンタリーも観ておきたいね

YouTubeをやるとしたらどうするかなあ外見

顔を出すとか興味ない
覆面もしたくないし
VTuberはありだけどどうしてもそれがやりたいって気持ちがない
やってみなけりゃわからん領域やな
なんかもうアバター指人形でいいんじゃねえかなって思いはじめてる
他Tuberとのコラボの際も相手に指人形になってもらって、企画もそこにあわせて考える
おもしろそうな気がしてきた


と思ったら指人形系YouTuberいたわ三年前で更新とまってるけど

【世界一謎】指人形系ユーチューバー誕生です!

可能性を感じなくもない
指人形であることを最大限に活かせば

岡本太郎『自分の中に毒を持て』抜き書き

 今は野放図でメチャクチャな人間というものは少ない。たいてい自分のことはよくわかっているのだ。それだけに悩む。
「どうしてこうなんだろう」とか「これでは駄目だということはよくわかっているんだけれど、どうしたらいいか、その方法がわからない。行動に移れない」などと考えこんで、結局、自己嫌悪におちいってしまったりする。
 そういう人の特徴は、みんな自分だけは特別だと思っていることなんだ。「自分は」だらしがない、「自分は」神経質だ、とか。そう思いたいかもしれないが、それは違う。ウヌボレだといってもいい。そんな人間は、がっかりするくらい、この世の中にいっぱいいる。むしろ、ほとんどがそんな人間だと思った方がいいかもしれない。
 ぼくは逆の発想をしてみることをすすめる。自分は駄目な人間なんだとか、こうやったらきっと駄目になるだろう、それならそのマイナスの方に賭けてみるんだ。つまり、自分で駄目だろうと思うことをやってみること。
 それは、もちろん危険だ。失敗に賭けるんだ。でも、駄目だと思うことをやった方が、情熱がわいてくる。
 みんなどうしても、安全な道の方をとりたがるものだけれど、それが駄目なんだ。人間、自分を大切にして、安全を望むんだったら、何もできなくなってしまう。計算づくでない人生を体験することだ。誰もが計算づくで、自分の人生を生きている。たとえば美術家で言えば、美術家というのは、人に好かれる絵を描かなければならない。時代に合わした絵で認められないと、食ってはいけない。生活ができない。
 だけど、ぼくはまったく逆のことをやって生きてきた。ほんとうに自分を貫くために、人に好かれない絵を描き、発言しつづけてきた。一度でいいから思い切って、ぼくと同じに駄目になる方、マイナスの方の道を選ぼう、と決意してみるといい。
 そうすれば、必ず自分自身がワァーッともり上がってくるにちがいない。それが生きるパッションなんだ。今は、ほとんどの人がパッションを忘れてしまっているようだ。

岡本太郎『自分の中に毒を持て』kindle版

こんな感じでずっとつづく
つってもまだ五分の一程度しか読んどらんが
ひびく人にはひびくだろう
ぼくはもともとこういう性質を持っているので、共感?みたいなものが強い
いや、もっと自由でいいね
周りに気をつかいすぎなんだよ結局は
あとねえ、今って簡単に調べられるじゃない
検索できちゃって、失敗したくないってんで情報収集するでしょう、どうすりゃいいか、要るものはなんなのか、すぐにわかっちゃって
あんまり簡単すぎて、そのために限定されてるところもあるのかもね
安全だし、必死になる必要もないってんで
料理だってレシピに従って再現してりゃうまいものが食えるんだからわざわざ……みたいな、あるもんやっぱり
そこに楽しみが無いかといえばもちろんそんなことはない
でも自分で考えてやってくおもしろさには及ばないように思う

自分が未熟だからと消極的になってしまったら、未熟である意味がなくなってしまう。そういうのは未熟なまま、だらしなく熟したことになってしまうのだ。

岡本太郎『自分の中に毒を持て』kindle版

引用しといてなんだがぼく啓発啓蒙的言説には影響を受けない人種で、なぜかっつーともう通った道だから、自分自身の足で
ぼくはぼくでぼくの人生における問題というものと延延やりあってきたわけ
そしてその蓄積、ためこんだものを叩き潰してきたわけ
だってほら、時代は流れるものじゃない、実際そうだしわかりきったことなんだけど、だからこそ今に合った俺というものを築きあげるために破壊と創造(よくわからんが笑ってしまう破壊と創造って並び)を繰り返してきたの
何度も何度もゼロになる
いくどもいちからやりなおす
いったん身軽になっちゃって、リセットね、ぜんぶがきれいに消し飛んでどこにもなんにもありゃしない状態、更地になるって経験をたくさんする
これまでの嘘がまた別の見たこともない嘘にとってかわるような感じ
夢からさめる、みたいな感じ
そうすりゃ錆びない、悪くない

 芸術なんてもの、それをみきわめて捨てたところから、開けるものなんだ。
 芸術にあこがれたり、恐れたり、絶叫したり、追いかけたりしているあいだは、まだほんとうの芸術に到達することはできない。

岡本太郎『自分の中に毒を持て』kindle版

ね、自然とそうなる(ねこゆえに)

 人間だれでもが身体障害者なのだ。たとえ気どった恰好をしてみても、八頭身であろうが、それをもし見えない鏡に映してみたら、それぞれの絶望的な形でひんまがっている。しかし人間は、切実な人間こそは、自分のゆがみに残酷な対決をしながら、また撫でいたわりながら、人生の局面を貫いて生き、進んでいくのだ。
 人間は確かに他の動物よりも誇りをもっているかもしれない。しかしその誇りというのは奇怪な曲折を土台にしている。悲しみ、悔い、恥じる。あるいは無言に、また声をあげて。しかしそれも人生の一つの歌にすぎない。
 自分のひそかな歪みにたえながら、それを貫いて生きるしかない。そして救われたり、救われなかったり。目をこらして見れば、それがあらわに人間生活の無限のいろどりとなっているのが見えるだろう。

岡本太郎『自分の中に毒を持て』kindle版

(前略)今日の若者は夢がないとか、ばかにチャッカリして画一的だとかいう批判をよく聞くが、考えてみれば当然なのだ。両親の姿を見れば、自分の未来像もその背後にダブって見えてしまう。あれよりも、いくらかよいかもしれないし、下手すれば、ちょっと悪くなる程度。そんなにびっくりするほど違ったあり方など、考えようもないのである。
 努力したところで、別に、どう筋書が変わるというのだろう。いや、なまじやりすぎると、逆にマイナスになる。適当に、ほどよく、調子よく。
 バスに乗り込むために受験勉強は一応はするけれど、それが生きがいにつながっているとは、誰も思わない。今日の若者のむなしさがそこにある。それからのがれようとすれば、自殺でもするか、スピード、セックスなんかで瞬間的に自分をまぎらわすか、以外にはないだろう。
 そんな気力もない大部分はただすわって、運ばれていく。みんなといっしょに。悪くもなければ、よくもない世界。……決して自分の足で踏み分け、イバラに顔を引っかかれたり、猛獣とぶつかって息をのむ、というような真正の人生は経験しないのだ。何かスリルがあるとすれば、それはバスの窓ごしに、他の世界のドラマとしてかいま見るだけだ。

岡本太郎『自分の中に毒を持て』kindle版

半分くらい読んだ
ずっっっっっっっとこんな感じでつづく
おもしろいし、もやもやのもやねこにはよい本かもしれない
読んで終わり、では何も変わらんが


インターネットさんの普及でできることってすげえ増えたんだよな
一般的に見ればマイナスでしかない要素を逆手に取ってファンを獲得するなんて手法もあたりまえにとられているし(いまは信用信頼を換金する時代だといいます、知名度が高くてもクラウドファンディングで失敗するなんてことが多多あって、それは前述の要素が欠けておるからだとか、たしかにねこになった、tuberなんかもある種の誠実さというか軸を持ってやってる人のが強いし)、知識を増やせばいろいろと見えてくるはずなんだけど、なんでか目立つところにわかりやすく配されたルートを行こうとしたり、選択誤って無用な煩悶背負いこんでるみたいな? よくある


やりたくないことはやりたくないんだよ、俺だってそう
考えたくもないことってのがある
好きなことだけしていたい
でもごはんを食べなきゃ死んじゃうしお金だってそれなりにいる
どこかでそうしたもののために動く必要というのがでてくる
自分以外がどうにかしてくれたら楽なんだけど、そうそう都合の良い人間はあらわれてくれないし、いや俺はいらないけどなそんなもん
どうせならくだらなくない打開策を見つけたいって思うよね
すでにうまくやっている人たちからならうのもありです、というか無数にある具体から抽象を抜きだすことで本質が見えてくる、やらん手は無いかな
本質を核に技術や感性、知識で肉付けしてゆくとよいコンテンツになるかもしれんよ

はわいのねこになりたい

ONE WEEK IN HAWAII | Vlog 02

人間、冷静じゃないときにまちがえる、概ね(俺は落ちつきはらってまちがえるが常に)

自分と誰かを比べたときとか?(知らんけど)
感情になるでしょいろんな、うずまいて(知らんけど)
その時点でもうわからんくなってると思ったほうがいい(知らんけど)
歪んでおるのだ認知が(知らんけど)
スクワットでもして頭冷やしたいね(俺は冷やしてもなお歪んでいるが、常にだ)

思いつきで書くことの欠点をあげるとすれば

いやほぼ欠点しかない気もするんだけれども代表的(?)なものをひとつあげるとしたらこれじゃない?
書くたび意見が変わる

好き勝手書いてたら地獄絵図みたくなってきた、今日の記事

俺はそもそも世の99.999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999%の人間をどうでもよい存在だと認識(思うように生きれば?良い感じに?知らんけど?とかそんなん)しているわけなのだがそれはつまり0.000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001%の人間についてはどうでもよい存在だとは認識していないということを意味する
だからあんま変なこと書くなよばかだと思われるからってちょっと思ってる自分で…………ばかでは………………?

あいすかってくるねこ

あまいおさけをのみねこにもなるかもしれねこ

人前でこれだけ上手く話せる時点でえらいものだし話自体おもしろい

俺も卒業スピーチとかききたい
そのためには卒業しなくてはならない

キンコン西野 伝説のスピーチ「人生に失敗など存在しない」平成30年度近畿大学卒業式

うむねこ

共通した性質があるんだよなやはり

詩人・最果タヒが広げる言葉との出会い。SNS時代に「わからなさ」に息をさせる|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、詩人・最果タヒが広げる言葉との出会い。SNS時代に「わからなさ」に息をさせるのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました