日日の切れはし:20200925

ゲーム

どうも、ゆきひらさぎりです
自分が着る服について(気になるんだけど)気にしないようにしている人というのがそれなりにいると思うのですが、ぼくもそうでした
気になるんだけどそこにお金や時間を使うのもなあっていう、そんなら本買うよみたいなね、あったんですけどここ数ヵ月の変化でもういいかなってところまでやってきました
そろそろ気にしようか、と



つっても振り切っちゃっておしゃれねこになるかっつーとならなくて、それは目的じゃねーからな
自分が納得のいくようにやりたいだけなんですよ
先日も書きましたけど、どう見られるかとかどう見せたいかとかではない
何を着たいのか、何を履きたいのか
根源的な欲求ときちんと向きあおうという感じです
たぶんその方が充実度あがりますね、日常の
すでに実感ありますし
いやマジでな
ちょっとやってみねこ

ゲーム写真家っておもしろそうだよね

なかにはプロの写真家もいるみたいだけど、別分野の技術を駆使して新しい価値を生みだしていて素晴らしいとおもう
本人はもちろんゲームそのもののアピールにもなっているわけじゃないですか
見た人に自分も撮りたいと思わせられればそれでソフトやアプリが売れるんだから、うぃんうぃんねこじゃろがい



すでに普及しているものに乗っかるのってとても良いやり方で、ゲーム実況も二次創作もそう
もっといえば漫画とか小説とか映画とかもすでにあるフォーマットなわけで、大多数はそんなかであれやこれややっていて、さらにいえばいま使っている言葉も我我じゃないずっと昔の誰かが用意してくれたものなわけで、そう考えると自分でなにかを創りだすことの難しさみたいなものがわかるというか、楽してるよなーと思わなくもないんだけどそれはここではいいや、置いといて



ものすごく売れたUNIQLOかどこかの上着に合うパンツをつくりましたよっつって大ヒットさせたみたいな話もあるし、便乗しちゃえばいいと思う、どんどんやりましょう怒られない範囲で
ゲームのグラフィックは今後さらに進歩してゆくし現実では考えられないような光景も果てしなく生みだされてゆくはず
Twitterにいたころもたくさんのスクショや切り抜き動画を見かけましたけどいつも遊んでるゲームだってひょっとしたら別の関わり方楽しみ方があるのかもしれません
いろいろ試して可能性をひろげてゆきたいところですね

Illustration by Freepik Stories

厖大なインプットが上質なアウトプットにつながるとか基本すぎてなんも言うことないんだけどだからこそ

もっと消費せんかい俺という気持ちになっている
つっても消費すりゃいいってもんじゃなくインプット以上にアウトプットが大事なのでとにかくつくりまくる必要あるよねとも思う(考えながらな
いやそれなりにしてきたんですよ消費、でも印象に残っているものがあまりないというか血肉になった実感が薄いというか、そこまで入れこんでたとえば台詞ぜんぶ憶えちゃった的なものひとつもないしなんなら基本どうでもいいまである大半の創作物、そもそもたいして好きじゃないのでは、という御託がいちばんどうでもいいなやめやめ



その瞬間の楽しさとかなんでもいいんだけど気持ちってすこしのあいだ持続してどっかでさめちゃったりするものだけど、そこはもう保とうとして保つものでもないというか、自分をだましてそれっぽい方向にゆくのが正しいかっていうとそうは思わないわけでございます、嘘ついて潰れるのわりと悲惨な事象なので好きなふりとか好きでいつづけるべきとかそんなもんしょうもねえでええんとちゃうか
結局なんも考えんでおもしろがって観たり聴いたりつくったりできるのが強いんだよなってなっちゃうんですけどだってそうじゃない、あれこれ巡らす俺でいる必要がまったくないんだから、シンプルで
お金も評価もその先すらもどうだっていいんだから作品は作品でしかないんだから知らんで済ませちゃう
いや本当に、自分でやってて思うんだけど書くって行為以外ぜんぶ消失した地点でしかたちにならんものがあるのよ、たぶんそれって銘銘にあって俺が見たいのもそういうとこからでてきたやつなのね
見せろよって思う、思うんだけどいざやるとなると難しいかもしれないとも思う
たぶんいろいろ考えちゃうから、俺も考えちゃってたからねずっと、でも見せろよ

Amazonもクラウドゲーミングやるみたいね

日本でもいずれはって感じなんやろうか
だとしたらなじみのあるところでやっちゃうねこなのであまぞんねこになっちゃうかもしれないっておもったねこ

アマゾン、クラウドゲームサービス「Luna」を発表--グーグルの「Stadia」に対抗
アマゾンがゲーム業界に参入する。同社は米国時間9月24日に開催した大規模な発表イベントで、クラウドベースのゲーム配信サービス「Luna」を発表した。

長くつづけてきたことだってつきあい方を変えれば違った顔を見せてくれるんだからいろんな可能性を考えたい

型ができてしまうことってあるじゃない
定着しちゃってそれ以外なんもやらないみたいな、他の選択肢を無視しちゃって自分には関係ないって思うのね
でも服だったらただ着るってところから着飾るって発想になったりあとは見せるとか紹介するとか自作するとか捨てずにハンドメイドの材料として利用するとかインテリアとか、他はなんだろ人の服を見せてもらうってのはYouTube的か家まで行って、あとは古着とかキャンバスにするとかロープにするとかあるはずで、まだまだもっとあるはずで、でもまあ想定された通り使って駄目になったらゴミ袋に放りこむとかさ、ぜんぜんいいけどやってる自分もおもしろいと思わないような感じでいっちゃってたりってのはありそうよな

コメント

タイトルとURLをコピーしました