『慧眼』

 いついつごろかの流転るてんのみぎり、永遠えいえん断絶だんぜつにたゆたう朽葉くちはみやと、其処そこくら少女しょうじょるふうにいた。
 ときあだすなともとしいもせず、すらもいっした境界きょうがいになりわうは屠竜とりょう不定ふてい彷徨さまよ陽月ひづきとおく、古去いにしえざりにさんじた端伽はとぎせざる索莫さくばく宿やどしながら、既往きおうえがいた無尽むじんのひとの、わたしばわりゆきわたるこえ夢見ゆめみながるる水環みなわのかざり、ゆび、ちいさな、やわらかく、しらしらと刺咲いらざきのひかりのれたみたいにましろのはだえをひずませる、はなみたいな……あなた、あのね、わたしはあなたにいたかった、っていますか、いくつものしん、いくつものたしかさのとうじてひさしいいま、累累るいるい九淵くえんむすびつつあるいとわしいいま、さんざらと、やかましい、このいまをすべせはててもういなんてほんとうを、だれもが夜乞よごいべたてるのがいまなのです。
 ついえきったりしともしび赫赫かっかくきつけられてえがたいいまがわたしたちのひとつかぎりのいまなのです。
 希望きぼうなどというありうべくもないものの、しかしわずかばかりにうつされたかげ、かすかにひらめくさざなみの、どこよりかかんぜらるるさいのそれきりひろってようようにたもついとのたどるさき、そのさきにつあなたのいまだのぞむことのかなわないでいます。けれどもそれでもそんなでだってわたしわたしは────。


 とりこぼしたほしみたいなこわれかたをした。
 貴女あなたつぐんだくちびるを、あたしにかすめて微笑ほほえみながら、世界せかいだったいくつもの欠片かけらをつまさきにあそんでいる。


「なにもかも、ぜんぶがぜんぶばかみたい。だあれもなんにもたすからないでぴいぴいとみじめにしぬしかなかったなんてしってたのあなた。ふざけるみたいにあんなふうに。あれ、ねこ、どこいったのねこ」


 でられるみたくたわうそがちらついて本当ほんとうがわからなくなる。


「ねこ」


 いた?


「いた」


 貴女あなた貴女あなたかみの、手首てくびにからませて並列へいれつする夕溶ゆどけをなぞった。


「くだらないぜんぶだとかどうしようもないぜんぶだとかばかみたいなぜんぶがあなたのすくいになればいいっていまならちゃんとおもえるよ」


 うん。


「おもいだせないことばだとかおもいでみたいなだれかだとかおもいちがいのおうたみたいなぜんぶだよ」


 うん。


「わたしがすきだった、だいすきだったぜんぶなんだよ」


 うん、ありがとう。


 時間じかんのゆるかにくだけちってなにより綺麗きれいだった。
 窓辺まどべにゆらめく最果さいはてみたい、なによりも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました