『ルーレカ』

 人がまだ、ここにもどこにもいくらもほろほろいた頃は、星と星とをむすぶ扉も閉じきるまもなくひらかれて、たくさんの、きれいな軌跡が夜をなよかに染めあげて、はたにも果てにもいろめいて、あざやかで、けれどもほんのすこしずつ、そうしたみぎりは茫として、ついにはかけらも見えなくなって、これまであったこと、たしかだったはずのこと、ぜんぶが夢だったんじゃないか、誰もが知らずに信じこんでいただけなんじゃないか、そう嘯かれるようになって、だからぼくらもほんとうなんてなんにもわからないおろかなこどものままおとなになんてならないでいられた、ずっと、彼女にあうまでは、きみにあうまでは、ルーレカ。「えいえんをあげる」きみがはじめに零したことばを、いまも忘れられないでいる。ほんとうだけがあった。ほんとうだけがきみだった。そんなのどうせでたらめだって、さえぎる声さえでなかった。ぼくはそれきり死をうしなった。薄陽に溶けいる翳みたいに、あっさりと。


 透きとおるような色をしていた。誰ともちがってやわらかで、朝より昼より夜雛やひなに匂う、そんな色を。あの子はあの子の神さまを、機械仕掛けのちいさな形代かたしろをつれていて、だめっていってもね、ついてくるんだよって、ささやいて、わたしたち、何度もくちづけた。言葉が好きだったあなたは、いつにも知れない古びたひびきを星にゆきわたらせて、めぐってかえさざなみを、月花つきはなみたいに抱きながら、どうしてかしら、泣いていたのは。
 星のとろかされてそそぐ、あまいとは軸となってつらなって、大気の層に撓咲しわざきの百花びゃっかを描いてゆく。そうした無数の導管の、記録の月にもく膜が、夜に消えいる祈りの言葉に似たさやめきをたてて、あなたをあらわすのだとわたしには思われた。
 のあわいにまろやいで明けきるそぶりもない。ぼたんづたいにつちうつ露華ろか一掬いっきくが、ととはたと、みとむつとたまさかに環咲かんしょうし、多幻たげん端尺はじゃくをつくろいはふって映ずる水月みなづきをゆらす。はてのはてまでつらぬけば、身にとおしうるつめたさの臨極りんきょくにまでゆきすぎてあなたみたい、霧みたいにろうとして、おぼろめいて見えまがう、そぞろがましくよこたわってあるものの、ついの季節に初音はつねたえの帯のようにうつくしくひらめいた。かがりはらえ末葉すえばうずの、わかちがたくつながれたふうなふたりだった。
 ぎんずるよいにかわす反故ほごもない、そうしたわたしたちであることになれきっていたせいか、臲卼げつごついつわる妙径みょうけいの、ゆきはてさえも春さきのわたしは知らないままで、まだ数えられたころの夏の縮景しゅくけいにおさない肺腑をしなわせてはむせびいっていた。ほどなく定まる円圏えんけんに、実覚されうるいかなる手掛かりもうつりはしなかったけれど、それでもあなたのひと節だけは疑いようもなくわたしを竄定ざんていし、きり一葉ひとはにたとえる季世きせいおりとても無く揺りおこされた時間、織りなす辺際へんざいを幾度でも改葬かいそうするのだった。
 あおく霞がかった荒れ野のつめたい色彩を、さしなみあなたと眺めていた。あらゆるかたちがいかなるちがったありようもなく配されて、やがてはうつろいゆくものとたがいに知れきったなか、わたしはあなたにいくつもの物語をきかせて暮らしたのだった。木いちご摘みのだれかの話。初霜浚いのだれかの話。詩魔におぼれただれかの話。夕顔白む昔日に、遠くこの眼にみとめがたく燃えあがる燈を、星星になぞらえられた言葉を天穹に倒映してわたしは、尾花の翳のあゆけるようにあなたを此岸に縫いよじりたいのだと、ただそれだけを考えていたのかもしれなかった。
 ぬぐいさるにはあまりに深いいろどりに、ゆたゆたとひたされた夜、つづくかぎりの夜をこの手に透かした。朔の残響はあなたのたなごころよりもたよりなげな線形を描いては、はるかにまじわる言葉のさししめす、蔽いがたくあらわれたことごとの、しかしたどりがたい真実のように、不断にうちつける風のようにわたしをさぐりぬけてゆく。そうしてきわまりもなく語りなおされながら、なお尽くせえぬものの呼びおこす深遠においてのみたがいの姿を認めあうわたしたちだった。消しさりがたく聖痕せいこん落叉らくしゃおりとなって言語へと包括されるなか、あざなわれるまま音もなくこぼれゆく紡錘形ぼうすいけいの天体群を、あなたはあるいはかえりみただろうか。
 黄昏のうちに顕現する、ひびわれた星の吐息のような風をあなたと待っていた。微光に老いた鳥の群翳が、花岸に逆巻きにわかに凝結する。遠く滅びさった言葉はあなたの記述によって神話の外殻としての幾何模様、無限の迷宮を可視と不可視のあわいへと投射し、かすれた筆跡をたどるように、紙背しはいに仄めく符牒をあまさず幻視するようにわたしたちをもしずかせた。諸所をつらぬく魔術的器官をなんらのさまたげもなく往きかえり、不壊ふえの契りのはたてきたす、そうした羈旅きりょ道辻みちつじに、かしいだ日華にっかのようなほとりをあなたと待っていた。
 なにを欲しがることもないわたしであったとそうした話をたびたびきかされ長じたこのわたしであるらしかった。生まれにともなうはたらきとのちのちにあたえられたはたらきとがなんらのつながるいとをも持ちえずことなる領域に配されたのだからそれはそうだろうと考えるわたしらしかった。無稽むけいの記憶のこぼたれつづけてその自覚のあるあなたらしかった。書き文字ごしにもさかのぼりがたく改竄された異体の字句をながめるような心地のするあなたらしかった。元元やどした言葉の意味の、かすめているのかいないのか、どうにも知れずに知れないままの情景を手近の画布に描きおこしたがるあなたであるらしかった。
 はだれの霜の枯れ枉月わづき糜爛びらんの風にまかれてねむる、夜、くじなきの、うじなへのつてなきを詠じて朗朗といじやかなる花体かたいのみのもに灼熱する、紅絲撚べにいとよりのうつほがそのにすみの螺旋らせん千桐暮鐘せんきりぼしょう、やうやうつきはてみおはてくかみ、しろのむはすかひきぬの、はくのあへえずうれふせもなし。
 秋明あきあけをもどろかしたような初凪はつなぎの朝、水底みなそこにほつれたことばのいくつかをひろいあげたわたしは、孤涯こがいになぞえた風気かざけをたどり、あなたへゆきつくしるべの瓊音ぬのと夕澄ゆうすみわたる白瀬しらせみお返哥へんかをしのばせた。はなやぎいこうゆびさえあかれて頬にもとけない遠空の、うつさぬ依骸いがいに深度を遺した銀淡色ぎんたんしょくの秘めごとは、いさめにうれえる火影ほかげのうろをもあえかとひもとき揺蕩し、さきはてむこうの月沙つきすなを、さゆらぐ緑野りょくやのかぎろいを、自生じせい花譜かふへと添いぬらしてゆく。した過現かげん偶詠ぐうえいは、在りし時日じじつのひと翳の、と、と、と、と、あのとをかえしてまつろいたわむ。知る玲瓏れいろうのする。知る佳芳かほうのする。梓の弦に、八重と瑞花の咲きほとる。
 夢のまひるにまだ書かれないことばをさがした。わたしはあなたに、まだ読まれないことばばかりを捧げたかった。
 わたしは折折あなたになって、あなたはそしたらわたしになって、わたしはやっぱり、あなたになって、あなたの言葉のからっぽの、意味なんてなんにもないくだらないひびきくらい星づく夜にすっかり浸してぬれちゃって、なくさなくったってよかったもの、わすれなくったってよかったもの、たくさんたくさん、あなたにつなぎとめていられたらよかったのに、なんて思ってる。つまらないことが、どうにもならないことがわたしのなかにうずまいて、やかましい、うるさい命のあんまりなうすっぺらさ、名前もつかないうすっぺらな色のなくみたいなこえなんか、ばかみたいだっていまでもわらってよ。
 捧げるいのりもこえも無い。月の凍てつく夜ならば。
 末枯うらがれの夜天やてんをのぞむ者も失せはてて久しかった。詮無せんないことだと知りえてなおもおさないうちにうらむ心のはらいようもなくふさぎこんでけみしたわたしはだから、そうしたどこかのつめたい朝まだきにあなたと出会って心奥の、鬱積した流れのいちどきに澄みわたるはたらきにまわりの誰より自身でおどろいたものだった。仕掛の四肢の生身ほどには立ちまわりようのなくしくまれてある。わたしはわたしを隠しだてようもなくあなたにいつでも読まれうる。あなたはなのに、わたしを知れないわたしのままに捨ておいて、見つめるきりでかたわらで、ものおもいにふけるふうだった。眉睫びしょうの暮れに烟霞えんか吹霽ふきはるきざしもなく、不明瞭な塔の周囲には寥寥りょうりょうたる光芒の乱開してめずらかで、惚けたわたしはあなたの誘いに疑いひとつ抱けないままつきそって歩きつづけた。建造物は星の核へと直結し、ゆえにあらゆる経路の断たれて聳立しょうりつしてあるものとそう信じられてわたしも一度も確かめないでいたけれど、いざとたどれば稚拙きわまる贋書にせがきぞろいの径道けいどうで、たやすく下端かたんへゆきつく始末だった。内部には虚無と鏗鏘こうそうだけが満ちみちてあった。あなたは慈しむように白壁をなぞり、やがてうっすらと、なめらかな音律をつむぎはじめた。ふたつのひびきは流体めいてまじりあい、ほどなく亡びの哥となった。久遠にゆきかうものたちの、はじめのおわりの哥だった。
 熟れぶきて衍華えんかけざやぐよみじのひさぎふたげどあがちごとなたえ。
 彼此の境のかわりばえのなさをひやかすように、倒伏する穀物畠のいたるところに積石塚つみいしづかの際だって在った。来落する陽光はもののおもてをすき目なく塗りそめて、熱せられれば何らかの生を呼ぶ感じもあったがそうしたことはついぞなく、だからといってあなたはにぶく白いかけらをならべることをやめたりはしなかった。わたしも、あなたにならってそうして暮らした。誰のためでもないはずだった。けれどもやがて、わたしたちがそれと認めうるものごとの形がほつれはじめると、ほつれゆくもののためにそうして暮らすようになった。あがなうように。赦したかったのか、赦されたかったのか、わたしも、あなたもわからないままに、祈りの意味すらあきらかになんてならないいまを、つみかさねてはうしなってゆくのだった。
 捨てうるすべてを捨てた身の、投げうつ野末のずえに異型が据えられてあった。知ったかたちのいずれも似ない、起結のはじさえ窺いしれないゆがみなりは、見るために見られることをきらってか、数刻うつせば視界の随処に黒沙こくさを生じさせた。きわも質感もなく、ぼんやりと大気にとけこんでゆるるかで、触れえぬそばから透過する、奇妙な感覚をもたらすしなやかな分劃ぶんかくをわたしは愛し、其処であなたを仮構した。よるべなき世の知友として。あなたはおさなくつたない舌に、かききらしてゆらめく碑碣ひけつをあまくとろかしながらえつづけた。幾億兆もの終極の、既往きおうにあなたが去ったのは、あるいは不可知の幽冥ゆうめいに、葉越はごしのうつつをかいまみたがゆえであろうか。
 残照に眩むくらいおだやかな息づかいが、翠霞すいかにぼやけた韻律いんりつのように糅然じゅうぜんべくくる。手折たおってつなげる言の葉の、亡影なきかげあらわすたったひとつのよすがにさえもなりはしないこと、誰よりわかってささやいてわたし、捧げる詞翰しかんの潰えるさきから波うつ無涯の野の果ての、遠咲く花身のいくひらか、いくすじか、朱のふち、蜜のあと、ぜんぶをかならず見てほしいだなんてわがままばかりでいたくって、わたし、好きだって、そんなふざけた夢だって、さめないままにもいつにもつづいたくらい好きだって、あなたに言いたかった。
 へだてのこちらにふぞろえ裁ちの花絹はなぎぬちりばめられてあった。ゆくもののゆく間際、手向けられた余映よえいだった。とぼその片抜けにぬけて戻るよしもない、無始曠劫むしこうごうのわたしの気先きさきにつうずるころには季節の誰にも忘れられ、寄る辺なきものたちの痕跡だけが悠遠にゆたゆたとゆれているだろう。生まれたものたち、死にゆくものたち、生まれそこねたものたちのいみのことごとくがただひとりあなたへと附会ふかいされたようだった。
 花下陰はなしたかげ水穂みのほ濫冘らんいんする。零露れいろ綢繆ちゅうびゅうのうちに絲をあやどり虚漠こまくをなしてゆく。「ゆめをみているの」追號ついごういくつも拾いあつめてそれがなんだっていうの。「とおいくにのゆめ」寓言無尽ぐうげんむじんにさんざめかしてそれがなんだっていうの。「のろいのゆめ」噬齧げつぜい狂いの顖門しんもんくらいとじきれないでそれがなんだっていうの。「さめないゆめ」まだうまれないわたしのお話ばかりあなたはすればいい。「あいみたいなゆめ」もうかえらないだれかのお話ばかりすれば、あなたはそれで、それだけでいい。「あのこのゆめ」まだない空にまだない花実はなみをのぞむくらいあさはかなあざらかないつわりまみれのくぬぎのこのてにかさねてよ。まぎわすように。あざむくように。
 ことなる調べの無作為な点綴てんていは途絶えがちな誰かの記憶のように三有さんうを浮揚し、死者だけがあなたを忘じうるという約束ごとをくりかえしわたしに思いおこさせた。言葉と言葉の無際限の調和、十全じゅうぜんたる結節けっせつは鏡にさえもうつることなくときのめまいのように四界へと流れだしてゆく。八潮路やしおじは薄明りにも似た落莫らくばく錯綜さくそうさせてはかりがたく白み、綺想の厚くぬりこめられた都市群は風を遮るように幅広の長城をもやづなとして偏在していた。浮彫の白蘞びゃくれん示顕しげんするところのものの、符合の古様いにしえざまに剝離して昏冥こんめいのうちに隣接する。間隙かんげきを埋めるしょく浸淫しんいんは、朱曦しゅぎに焦がれの夢更ゆめさらかくしてわたしにだって紡がせない。
 叛逆の徒は造化の業を神より盗みだしたという。あらゆる罪禍のあなたに端をはっしたものとするならば、放射と撹拌かくはん溯源さくげん綜合そうごうのきわまりのない流転るてん究竟きゅうきょうを叙述しうるのもやはりあなたであるのかもしれない。すべてのわたしを通過する、祈望きぼうのはてに描かれる星の変遷へんせん放埓ほうらつ、死をもを誰かは呪うけど、底流してとどまることのないこの感情を、語りえぬものの孕む微かな熱を、わたしは捧げもってあなたを永遠に忘れたりなんてしない。
 経巡へめぐるわたしの散佚さんいつする星霜せいそうを見るわたし、ごとくちはてたわたしとはちがったわたしの包摂ほうせつを経るわたし、を見るあなたをこのわたしは見ているの、見ていたの、見ていたかったの、いつまでも。
 日の許多いくたにかゆきさりて、ゆたうつ月にもおうせにも、かさねの花布はなふ荒織あわおりの、四季の消咲けざきの華下かかながる。こう纏繞てんぎょうの、あわうく羅紗らさにいろづいていまは、奏摺かなずりかうてのめの、おしごのかたらうついの落魄らくはくがあまくあなたをゆらすのでした。
 伽藍がらんのいずれも靊霳群舞ほうりゅうぐんぶにあざればまれたらしく、馨逸甚至けいいつじんしていしてしきごくを思わせた。不羈玄縮ふきげんしゅく妙理みょうりに及ぶ手もないわたしは稚児にもおとるあらがいこそすれほどもなくしてつかれはて、闇莫あんばくきょうにかきくれるばかりだったけれど、きの衆芳しゅうほう流下りゅうかするあなたははなやいできれいで、なのに追懐ついかいするにはあまりにとぼしい自己しか知りえないわたし、累夜るいやにおぼれたさきの今日だけが残されたいまこのときのわたしはまじわりがたくあるあなたの片影かたかげ此土しどにもどこにも二度とは見出せないのだった。
 霄壌しょうじょうあおく透徹したころの朝、春霞しゅんかにまどろむ初花はつはなみたいにあなたはみぎわに腰掛けて、浸したさきからささめかしてあわく、湖面にひざしのたわむれを、見るともなく見るふうにして在った。ひとつ、ふたつ、葉擦れにかえたしらせにも、あなたは毫釐ごうりもみじろぎしない。わたしはすこしくためらって、それからいくらかの時をあなたと過ごした。おだやかな、旅の途上にひさしい安逸だった。中空なかぞらのうつくしく晴れわたった頃、ようよう立ちあがろうとしてわたしは、あなたがいつしかほそくなよやかな指をこの身にやさしくからませていることに気がついた。時折なにかを伝えるように、鼓動のようにふるえる手は、空空として霊妙で、しかし確かな息吹を感じさせた。「あまいの」不意の聲音こわねに向きなおると、あなたは銀色の、潤んだようにひかりのたゆたう双眸そうぼうを真っ直ぐにわたしへと向けて、口唇こうしんを愛らしくたゆませながら、紅く艶かしい舌先をのぞかせて微笑んだ。「つきみたいに」星みたいに? あなたはちいさくうなずくと、深く、ふかく息をつき、ふたたびわたしを見なかった。
 あだとほとほる水烟すいえんしるべ、ふにあふもおふもしらず、ただに空音そらねなみうちねぶる、してりをる日數ひかずわび、わたしき雲居くもいにまじはりくらし、千沙せんさ虚實きょじつ侈放しほうつくす、妙咲一枝みょうしょういっし萬景寤ばんけいさめて、無何有むかうあらはす恒風こうふうにゑふ。
 窓辺に夜の収束する気配があった。弧矢こしの軌道は上書きされた躔次てんじをふたたび追うこともない。あなたはもう、二度とわたしをつれださない。なのにね、それでも待つの、なんて、誰にでもなくわたしは言って、言って、言って、言ってね、ほころびはじめたこの手だってだれよりとおくにのばしてさ、のばしたってつかめない、つかみようのないひかり、つきせぬひかりをとらえてよって、すべてのねがいをかなえてよって、わらいとばして、さらってよって、ここから、わたしを、だなんて、ばかみたいにゆめみてる、ばかみたいにしんじてる、ばかみたいに、あなたをあいしてる。
 言葉のひびきとかたちとのみが取りのこされたように漂游ひょうゆうする。口承過程に意味のとけさってなおも理体に息づくようで、つかみかねて仮象域へと追葬される過客としてのあなたの像のとりとめもなくわたしのうちにうつしだされては、途絶することなく鳴動しつづける音節との類比をはてしなくくりかえした朽ちた歳月みたいにほのかなぬくもりを感じさせた。外囲にあらわれるところのものの、生得された本性の遷移に追従するのだとすれば、あるいはあの時、あなたはすでに恒常的な運動を宿命づけられていたのかもしれない。神殿奥部に朗朗わたる、謡に呼ばれてもどりうるなにをももはやあるまいが、それでもわたしはくりかえされる日日に贖罪としての意義を見いださずにはいられなかった。
 あまねくつうずる定まりの、押しなべ把住されたいま、百代万化は残る隈なく言語活動の埒外において捉えられ、語られることなく語られる、消費される、摩耗する、そうした領域にあってただひとり、あなただけが因果の露とものぞかせぬままにわたしの感覚器官をよって全天を統御し、忘失された旋律と事物との無窮の連繋のなか、方図ほうずとしての廃苑を結像せしめたのだった。完全な一秒が、完全なことばのもといやはてもなくつみかさねられてゆく。孤独と知れた概念の、真実塵ともかすめないでばかげたつらなりなんてうちすててわたし、あなたにいたれたものと信じて疑わないでいた。
 ただあるきりで知りえない、知りたくなんてなかったことの拾遺しがたく散らされた花の下、睡るわたしは水蔭の、うつろうひかりの多元のへりを、あまいかおりのさざなみの、暮れいろの、乱れ咲きにさいて降るかな夢似ゆめにのうつにほどけたあなたの聲いろついと切りとりならべた今日のひのゆく果てにもぬかるむうわごとみたいなとつくにの苑、とうに廃れた言葉のつがり、切りはぎの細殿ほそどのをあるくように何度だってなぞりたどって泣きたかった。
 意味も道理もさとらぬままにわたしはさまよっていた。いつとも知れずにはじめられた旅の幾人目かの継手としてのこのわたしなのだといまならば理解できるが、当時はただ漫然と、死なないために生きる何者かでしかなかった。あなたはわたしに近しいか、より高次の存在であるらしかった。そうしたあなたであることは、老いを、死を、あらゆるおそれを遠ざけたあなたであるということは、あなたをあらわすあらゆる事柄がはっきりと語ってあった。わたしはあなたを見とどけたかった。しかしそれはわたしの役割ではないようだった。わたしたちは程なくして袂をわかったが、あの時間、旬月の一切を、わたしはいまでも偲んでやまない。
 甲斐知がいしらぬ九亖くし千夜せんやふかかおりのつみ逢瀬おうせ水漬みづくみなとこ行方ゆくえくて、うずにさあゆこいとてあらず。
 結玻璃ゆいはりの槽の満たされて、銀華ぎんかの残るよるの暮れはてにならうように息のつづかない、とぎれとぎれの呼気をした、もどらない、もどりようもないわたしをあなたとふたり待ちつづけた。尽きてつくろうゆびもなく、絶えてよりそうねつもなく、ゆく路もはう沙もなくとむらうげんもなく、うつろわざる身の流氓るぼう相似そうじ無明むみょう野辺のべにうつしてわたしは、いつともしれないいつかのわたしのむこうがわ、すこしくのぞいたあなたのうろをなぞりぬいてやがて、どうした時間もすべてはひとしく完全で、いかなるたがえたありようも、ありうべきどのような軸もなかったことをようやくにわかりはじめていた。
 分節されてまじわりようもなくあきらかなもの、たしかな輪廓を有するものへの偏狂性を密積させたふうな畸形の夢の螺旋におちいったさき、錬金術的試みの反芻に外界の干渉の一切を拒みつづけたわたしだけが、円転する摂理の拒絶の発露としての濫造されたわたしたちへと至りえたのだった。知ることの、それ自体が朽廃した定律の崩壊を示してあなたを応化したものか。めぐりくる極点の、そのもののうちへと還る機宜きぎのおとずれを、わたしは切に望んでいる。
 継ぎあうそばからあふれては、奈落に縫い目を形成し、剪断せんだんされる、くりかえす、うるさい、うるさいあなたの重複を、わたしはとても気にいって、散文詩めいた減衰過程にきらきらと記述されてゆくちいさな世界のちいさな欠片のちいさな分裂組織のちいさな、ちいさな、絲くずみたいな虚言のかわいらしさに似た客星をさがしては、不可逆ぶってゆかしい運行の内側から崩壊させてあそんだ。
 いつにもけっしてとらえない、はかられえない胸宇きょうう游動ゆうどうするあなたと知ってわたしは慕った。剥落からこちら、拾われそこねた時節とてもそれぞれに紐づけられたかたりがかつてはあったように、遠鳴りをきいてききわけてくぎり、穂状にふくれあがった空を拉いでは実事一縷じつごといちるもところせきなく押延おしのべゆくあなたによって、いたむこうにみつめるわたし、みつめられるわたしもまた、のがれようもなく絆されたのだった。
 あんまり自然でなんにもないと意識にだってのぼらないのだから、あなたのいる今日だとかここだとかどこだとかってことだってわたしは考えたりなんてしたくはなかったのだから、そうしてつづく日のことなる日との差異だなんてもののことだって考えるいまなんて欲しくなんてなかったのだから、あなたのいないいつかなんてどうしたってじきって──ううん、あなたとあなたでないものとがちがっていて、なにかがたしかにがちがっていて、けれどもなにがちがってなにがちがわないかなんて気づかないでいられたらよかったなんて思う、思ってしまうのはどうしてなんて、どうだってなんだっていいだなんてどのわたしが思うの。
 ふれたふうでもふれない風のただなかを、ふれられるまでもなくふれるもののうつろいゆくように渡った。あなたはわたしを日ごとに呼んで、名前で、いつでもかならずわたしに呼びかけて、そうして髪に、ましろな指を、わたしの髪、伸びてしまったちすじをからませて、わたしをみとめて聲もなく、わたしのむこうにちがったわたしを見すえるようなひかりをその目にたゆたわせた。たったひとりのあなたのわたし、そうしたわたしでありえた時の、どこかのいまの、いちどきりにも流れたら、わたしのぜんぶが報われて、知らないぜんぶが報われて、壊れてしまった願いのかけらの星にも夢にもなる夜だってきっと、嘘でなんてなくなるの。
 ありもしない心がいたむなんてことをわたしはときどき想像して、どうにもならないなにもかもなんてあんまりなわからなさをあなたにみつけだしてひとりでだってくちずさんでいた。抱えきれないくらいあまいあまいうろ音みたい、浅くかすかなまどろみみたい、きれいな、かなしいほどにきれいな水辺にうつすわたしもあなたもいまはもうないのだから、あるはずもなかったのだから、そんなふうにうずくまってさよならなんて言わないで、意味なんてなくったって知らないままでかりそめの命だって証明しつづけて、あなたを、あなたのともしびを。
 偶成ののちに消散した然る言語の周全性についてひびきの側からさぐるうち、始原の音にゆきついたまでは良かったが、名づけのさきから名のついた、そのものをあらわす、あらわすがゆえに制しうる波のかたちを知るすべのなにもかもを事欠いたわたしは、畢竟ひっきょうふさいで白日はくじつの夢にいたりえぬ解を恋い暮らしたのだった。だからだろうか、あなたのうたいの異なるに惹かれ、詠唱めいて言なすたびに在ることごとの別様にぬりかえられるふうな奇ばしきに酔い、くゆりぬいたのは。わたしはあなたの面差だけをたづきにさまよっている。ゆく道すじに瀰漫びまんする、亡びのけわいを嘆じながら。
 わたしがあなたを知らないで、あなたがわたしを知らないで、そうしたかたちの在り方の、どこかのいつかにありえたのならわたし、かえりがたく盈溢よういつする風花かざはなの、しらゆきの、くれなゐの、のひとふりの偃月えんげつの、よりそうように咲撓さきおおよいのおもかげひとつ、おもいでひとつ、およぶさきなんて尺寸しゃくすんだって無くったって焦がれぬいて灼きつけて、うち降る星のたなびきの、ゆきづれあとのなみの、いちのいざようふじの、散るみたいにきっと、きれいだってきっと、知らないみたいに夢みては、あなたのちいさなゆびさきを、つなげようにも象られないそのゆびさきを、ねがうように、うたうように描くのよ。嘘みたいに、きっと。
 虚空瀝瀝こくうれきれきとしてり、烏兎悠悠うとゆうゆうとしてく、瑟顆玉響しつかたまゆらひためば、渓泉翳けいせんかげのみをうつす、いつすでそむき、永路窮迹無えいろきゅうせきなし、玄詩双美げんしそうびひらき、矩法幽風くほうゆうふうかえる、千古せんこかえりみてろうすも、すべて四隅しぐうながれをおなじくす、えい諼草けんぞうはらわず、独夜燠休どくやうくし。
 ものされることによって、うたわれることによってのみあなたは規定され、他と隔てられうる。
 彌咲いやざみぞる幻夜も更けたころ、丘によこたわってひとりさしかざされた手を懐かしんでいた。思い出なんて言葉にかえればそれだけの、誰にだってゆるされた一片にすぎなくなる気がしてわたし、だからつとめて考えたりなんてしないで押しだまっていまだって、ふたり並んでいたころの、暮れそこなって暮れない日日のかきくすがれた白綿みたいにあなたにほほえみかけていたかった。
 つとにひこばゆみずゆりの、沓衢とうく那束なつかとふすみちは、どうじてふかく、紆夏うかよりあをく、かぜをしるべにふきもつれ、われのみゆびのつきさきの、にづまのはさきのきさきの、ましろのかぎりのゆきさきむかふ、なかばはうきのたまゆらに、あはひぬひとぎそむる、はてぬはたからさしのくそのを、などてかわすらるたれかのあとと、ひきかきこぼちておもひづぬらし、とどめぬゆめよともどろくままに、ゆききぬふうの夕霧ゆうぎりはせて、かさねてむすんだ文花ふみはなうるふ、うつはゆ歩揺ほよう花翳はなかげは、かをりて穂月ほづきのまどろみまろく、ほころびしたたむはらひのふでに、ひそめくこふと、かぞふるうたひ、なれとかきつとにつらふて、むらすすべをも野末のずえへやつす、さかしまくなぎまつやなく。
 旅のはてばてにゆきづまりの拙い地図を横ぎれになめては見知った通りを往来するのがわたしは好きで、だから異聞のひとの薄墨の、条里じょうりにうつればめくわすさきのまなこをさがした。わたしがわたしと知るところのわたしを見るあなたをわたしは見ていたの。ゆきかってまじりあう光の粒子をつうじてたがいを認識しあうわたしたちは、死すらもおぼろな翳へとおきかえて、けれどもそれじゃまちがえる、まちがえて、まちがえたのならそれっきり、変わらない、あなたのままで、だいすきなままで、終わらないままで、いまも、いまでも。
 たとえようにも比するなにもなくうつくしいあなただった。透絹とうぎぬの夕景、水沫みなわにささなぐかぜの、浅葱あさぎに漠たる沙塵を捲きあげ間近いとばりへ帰趨きすうする。散りいずるときの端波はなみは翡翠にみまがうすずらかしさにさざれゆく世の残滓を思わせた。滔滔とうとうと、この身のこの指に奏でうるすべて、あますところなくあなたに献じてわたしは睡りたかった。
 流しこまれた言葉が円環状の地平へと配列され、内包のうちに断絶する、外象としてのかすがい忽微こつびもあらわれぬままに。劃定なんてされようのない淼望びょうぼうの駆動者たる存在、そうした生こそがわたしやあなたであったとするならば、識閾しきいきの創造とその維持もひとつの目途もくと宿雪しゅくせつと言えるのではないだろうか。わたしと、あなたと、わたしたちを除いた事象の関係性までもが原初に組成されてうつろいがたく、失効した言語──語られた瞬間散ずるが、語られた事実は翳のように時空間を浮動し、けっして損なわれることのない薄片──の鏡像的恒久的廻帰のみが表裏を反転させうる。出会いながら出会わず、わかたれながらわかたれず、求めあいながら求めるなにをも知りえないで偽なるものを真なるもののように、真なるものを偽なるもののように振動させつづける、火宅かたくの観測者としての永劫を、わたしたちはくりかえしている。
 わたしが在ってあなたが在るのか、あなたが在ってわたしが在るのか、わたしなんてほんとは無くて、あなただってやっぱり無くて、なんにも無いのになにかを在るとそんなふうに思いちがえてこころのたゆたういまのうつくしさばかり語る言葉をわたしは欲しがって、たしかなことのたしかさに達するどのようなみちのあるものか、さぐりようにもさぐりえないで謡って暮らしていたかったのかもしれなかった。
 こどものようなかけらをたびたび目にするようになって、ひと音のような律動をともなう風に似たけものにたびたびうたれるようになって、そうして星のあらかたは呑まれるように溶けて、ほどけるように潰えて、いくつかの知られた誰か、知らない誰かもやっぱりそうで、だから生きたなら生きただけ得るものの、得たものはかならず失う、失ってしまうということをわたしはもちろん知らないではなかったけれど、知ることと受けいれることとはおなじではないし、受けいれるための時間はいくどとなくくりかえすわたし、いくどもの消失をもってしても足りるということのないらしいとあらたに知らされたわけで、そんならなんにも思わないで死なないままにいられたならよかったなんて考えないままもいちど生まれてもいちど失われるくらい、ふたたび生まれてみたびでもよたびでもはてしなくいなくなるくらいはてしなく、はてしなく、はてしなくわたしはくりかえされたかった。
 満ちたる調べの知った曲節にちかしいことをよろこんであなたは廃都にとどまった。壁石に刻みつけられたとりとめのない言葉からはけれども詞致がたちのぼり、眼路の其処彼処にかつての子らの営みを浮游させてかろやかで、わたしは離れがたくあなたに寄りそいながら、あらゆるいまにも砕かれつつある天蓋の、もうずいぶんと遠くなった陸離のそれぞれを手記へと書きつけていった。記憶のいつしかほどろとなって、不定の時の静止したふうにわたしを銜みこむ。異夢の間断なくあらわれはじめたあわいへいたると、やがては文字のひとひらさえも、かげるようにはずむようにくずおれて薄らいで、かかずらうより他ない心の僅かなほとぼりだって忘れてしまうだろうことがわかった。けれどもきっと、そうだとしてもわたしは、そんなことなんでもないって顔をして、いつまでだってあなたを憶えてる。
 似姿としての遼遠の果て、過日にあなたは神の境界へと達したのではなかったか。開闢かいびゃくから尽期じんごへ、尽期から開闢へ、無限の循環と変性自在の法を永の彷徨のさきに得たのではなかったか。あなたはあなたに纏わるものを、因果を、耳朶じだうつ不頽ふたい斉奏せいそうを、その代償だと言った。呪いだと言った。救済など、ありはしないのだと。それでもわたしはあなたをつなぎとめたかった。くりかえされる生と死の、那由他なゆたの狭間に一滴のしるべをさがしつづけたのだった。
 あなたをあらわす花花の、どうしてわたしに綴じつけられるなどと思ったのだろう。わたしを忘れたものたちの、わたしが忘れたものたちの掛かりあうかけらすべてをひろいあつめたところで結わえる方途などありはしなかったのに。わたしがわたしと知るわたし、あなたがあなたと知るあなたの、たしかなところはどうしたってふれようなんてなかったのに。それでもあなたはわたしにわけいりながいじかんをねむりつづけた。なんにもわからなくったってわたし、あなたにおいていかれたりなんてしないって、ひとりおもいこんでいた。
 ついのはじめの幾瀬のいつかには、ねじれた星に包蔵された無数の歯車が、銘銘にあたえられた音階を退色した空になびかせながら、紋章めかした沙塵の綾を、錯流さくりゅうする無拍のしらべへと織りこんでいたのだった。延命、と風話に知られる措置にさきおくられた死が、散華さんげようひるがえし、飄零染ひょうれいぞめにわたしを染めつけてゆく。鈍咲くひかりに指さきをからませて、あなたは微笑っただろうか。あなたを、証しだてるように。
 孤愁こしゅうのうちこがるるにまかせて永いながい廻廊をわたるうち、まだそこなわれるまえの歳月へとゆきあたった。なくしたもののあざあざと眼路にあらわれて、あらわれてはとけさって、とけさるさなかにあまい花馥かふくをゆらわせる。まるで、遠くおぼつかないころのあなたの哥のように。つれてゆくにはあまりにおさない、それでもたしかだったころのあなたのように。
 いちばん終わりの春の暮れ、乗りあわせたのは寄木よせぎ傀儡かいらいかぎりだろうときめつけてとろめいてわたしは、くらがりみたいなひとの像の夜から重畳ちょうじょうして佇む歳月ほとんどを夢境にながめすごしたのだった。こころおよべば絵取られる、むかいのあなたは微笑むばかりでだんまりで、なかば凍結した長柱状の窓ごしに星を目送しては、浅い呼吸のきわまりもなく立ちかえらせてやがてあわめいた。わたしたちが降りたつと、量産された宇宙樹(便宜上そのように書くものの、正式な呼称は元より存在せず、名を持たぬ以上自性とても語りようがない。周縁を渉猟しょうりょうし、推論をかさね、外形を浮かびあがらせるのが関の山だ。とはいえ有無乾坤うむけんこんを貫通してあまりに巨大かつ不可解な群体であるため、それすらも容易ならざる一大事業と言える。故に一部の個体をのぞけば種の幾許も最終極点たるこの駅には残らなかったし、いまではそうした狂人連をひやかしに訪れるものもいなくなってしまった。わたし? わたしが正気に見えるというのなら、貴君もまたある特殊な偏向を孕むものと断ぜざるを得ない。いつでも歓迎する)に出迎えられた。架空の言語を吐き散らしてはひらつかせる、極光じみた暈の超自然性を隠そうともしない彼らを踏みつけながらわたしは、示唆されるものの外皮、表徴としてのうつくしさはそのすべてが仮相の条理に基づいて形成されたとあなたに説明した。わたしたちは言語に依った意思の一切を抛擲ほうてきし、迢逓ちょうていにくりかえされる劫初ごうしょの観測をのみつづけた。そうしてたどりようもないほどの巡行を経た末に、時空間上に生じた渺渺たる断層へとさしかかったある折のこと、かえりみればあなたの姿はなく、あとには圧縮された無限だけが置きざられてあった。幸福というものについて考えるとき、きまって想起されるのはあなたのことだ。自壊を選びとってなおも常態を持するわたしたちの玄廟げんびょうは、ともするとあなたの干渉によって存えているのかもしれない。そうであればよいと、わたしは考えているのだが。
 みぎはにさかゆるうたかたの、うたひてうきなみちぢこがる、かたぶくをみなのをりふけて、おもへばつゆみのきえかへり、うつつなしとも、ともしきろかも、いろをつくしてみよかしそのふ、はくちやうれんげはねざめのあまぢ、よるせさだめぬみのうきふねの、たはぶるすゑにもさてふりがたし。
 いぶかりがたくそのものであるところのつまびらかにされた日に、うしなわれた永劫の焔をともす手の頬にふれたように感ぜられた。すべての星が掛けとめられてなおうかがい知ることの叶わぬ領域は、不明性によってのみ神秘性完全性を保ちうる。わたしはだから、あなたに訊ねたかった。拡がりながら蹙まるものの、ゆきつくはてに見る空がどのようなかたちであるのかを。解きあかせないこの指の、なぞるさきにも知りえない、封じて褪せないぬくもりを、と胸にやどされたくて、だから。
 花にかへざくうす花の、愛ぜてはまつべるかたでした。四時しじのゆつりて名残れる故土こどの、かなくれなゐにはゆどけぬゆふべ、ほつす背の紗の藤織りくりて、恋こふほだしとあひはららかす、風繚弥久ふうりょうびきうのつひはておへば、かなはぬかなへにかたかげおもふ、文にかへざくふみ種の、愛ぜてはまつべるかたでした。
 思い出なんてひとつもあれば充分で、たくさんで、だからこぼれるくらいにかさねた聲にあなたの潰えた言葉のかけらもさがしたりなんてしなかった。遠のいておだやかだった時間の繁密にからみあってゆくなか、すべての逸したものたちの、とらえがたい顫動せんどう頽壊たいかいとを夢想する、そうしたいまのなによりきれいでたわやいで、とけいるあとにものこらない、退屈づくの折折の回帰するなだらかな地平を、不全を描きだした精緻な雛型をきっと、わたしは片時にだって手放さない。
 言葉にかさねる自己さえ知れずに流れるものの血に酷似した、摸倣された脈動のうちに逸失したそのもの、語られることによってのみ明化しうる真根まねをあなたは沙上に書きつらね、たえまなく生滅する無辺に時のひとえも残さぬ事象、観測不能性の転化と凝聚ぎょうしゅう化体かたい晩生ばんせいたる特異点としてのひいな、わたしの代替品としての偶像の刹那的定断と固着とをくりかえしたのだった。
 河畔かはんみだれる花蔭はなかげの、星供せいくようずる文言もんごんのちりばめられて渦動かどうする。きさぎの月が逆蓮状さかばすじょう収斂しゅうれんし、照応する音とかたちとを混淆こんこうさせるなか、あなたは冥邈めいばくに淡い散光を誘いこみ、濛昧もうまいとした事物それぞれをふつくかくしてゆく。追随する仮相かそうはやがておとなう終焉を悟ったように虚絶こぜつ合一ごういつされ、もはや姿をあらわさなかった。あのとき、壱師いちしが不可思議な揺曳を示して爾来じらい、灼けつく赫と、掠める風に似たさやめきは複雑にもつれあった撚り絲のようにわたしを搦めて途切れない。
 くすぼりかえった古い想念はたがねられ、象徴的にいろづけられた流線がりあわさって接合されてゆく。刻みこまれた数数の情景がわたしを際限なく分折し、けれどもやがては紮げられたように、あなたの無量の幻影も、帰結のかなたに統合されうるものなのだろうか。熾火のにじんだ外套に、ゆきさる言葉のすべてをはばませてあなたは瞑目する。まだるく溶けゆく記憶の外、変遷してかえるみちもないものたちの、いくつもの聲を聴いた気がした。
 螺子ねじひとつ、発条ばねひとつ、歯車ひとつもはらまないで簡素なかいらいだった。呼びつけられれば上風まがいにあなたの肢体へ肉薄し、ゆくあてもいたりうるはてもなく無限の連環をめぐってゆく。惑星と陪星、両脚規のそれぞれ、たしかさのなかにふたしかさを、ふたしかさのなかにたしかさを含みもつふうなとりあわせの真なるところの測りようもなかったけれど、しずやかに定められたところのものであるようなあなたは、だとすればうつろうものらの恨みのいっさいをひきうけたことのあきらかで、そう思うといじらしくもいとおしくもあって、あるいはすべての天上の、あらゆる光のゆらめきの、実際というものをわかりうるのはあなたを透かしてみつめるからだと知らされてねむる、ちいさなこどもにかえるようなあたたかさをおぼえてわたしは淵源に微笑した。
 憶えているかしら。あなたはあの日、恋をしたのよ。永いながい旅の途上、たったひとり、ひとりぼっちのあの子のことを、あなたは────。
 境界線のむこうがわにいたの。ある暮れの端に、わたし、手を振って、となえを訊ねたのだけれど、わからないってあなたはつぶやいて、舟は離れてゆくばかりで、だから大きな聲で、ルーレカって呼んだわ。捨てられた名前、つけられることのなかった名前、うまれなかった誰かの名前、あなたにあげるって。ルーレカ。ルーレカ。今でも考えるのよ、ばかみたいだけれど、それでも、いもしない人をいつまでも想っていたかった。ルーレカ。ねえ、愛していたかった。


 いくつもたどった星星の、ほんのわずかももとのままではいなかった。かきけされた声たちの、ぬぐいがたくぼくの深奥にわだかまる。死を従える者。死を齎す者。死を、奪う者。銀の髪をしたこどもがひとり、たちならぶ石柱のそばにうずくまって素足に土くれをなぞっていた。

「すきだった」
 みんなが。
「けれど」
 忘れるなんて、ぼくらできやしない。
「おもいだすことも」
 見あげる空に、またたくものはもはやなかった。

「からっぽ」
 そうだね。
「きれいだね」
 そうだね。
「ゆめみたいだね」
 そうだね。
「ゆめならよかったね」
 そうだね、ほんとうに。

 しらじらと、指さきにのこされたこまかな結晶が、背をむけたきみの肩ごしに、ありもしないさいはてをうつしだしている。あたたかだった。ねむりたかった。ぼくはぼくのすべきことをすべてなしとげたのだった。きみを、みつけたのだった。

 いまはもう、はじめとおわりはとけあって、どんなかけらも世界のすべてだった。ぼくからはがれおちたえいえんを、ひろいあげてほほえむきみを、ぼくはみたかった。すべての時間のなか、ただひとつ、こころから、こころのそこからぼくがみたかったきみだった。

 きみがさいごにこぼしたことばを、いまもわすれられないでいる。ほんとうだけがあった。ほんとうだけがきみだった。そんなのどうせでたらめなんて、さえぎるこえすらでなかった。ぼくはそれきりきみをうしなった。よるにとけいるひかりみたいに、あっさりと。ルーレカ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました