『Meteora』

ひかりの海だと思った
憶えて咲くのが花みたい
すこしも触れない象徴の
あまいふうな輪廓を零した



最適化された夜の分水
あなたの世界は月陰で
無韻の波束を虚明に結んでさびしいくらいにやわらかだった
思い出なんかじゃない
思い出なんかになりたくなんてない



わたしのつなぎめ縫いつけて
からっぽだろうと哥うなら
星占気取って軌跡の熱を知る
たどるさき
たしかめて
死にきれないのが僕らの価値と
信じるふりして救われなくっていい



時間の果てごと仮相する
季節を間引けばたもてやしないでこのゆびの

いつわりと
祈りのなかにはなにもない
わたしの言葉はなんでもありはしない



接続されれば軋むほど
臼搗く劫火は撓んでにべもない
披読と灰
心音記号は弧線に転義する
紙幅に解きうる識閾と
濫造
異風は構わず生絹の朔に依る
あるいはあなたは不稽の愛を
黄昏めかした無謬の愛を
ねえ
いつかになくした逆さの愛を添う

コメント

タイトルとURLをコピーしました