iPad Airええやん.

わたしには十分だわこれで
というわけでProcreateを導入した
おえかきアプリです
安価ながらよいツールなので使い方をおぼえてゆきたいしおぼえつつある
関連コンテンツがネット上にたくさん存在するので操作習得には困らないのではないか

線画のレヴェルを上げるのはもちろんだが塗りの技術もきちんと身につけたいですね
環境がととのっていなかった頃はどうにも気分がのらずつづかなかったのだが…
おもしろくなってきたぜ

アプリといえばGoodNotes 5が手書きでノートを取るのに便利
紙好き紙でなきゃというのでなければもうこれでええんとちゃうかと思う

音楽も手軽にやれるがやるかどうかはわからん
それは気が向いたら

『あつまれ どうぶつの森』をゲーム実況をはじめたわけだがたのしい、といっても序盤なのでまだなにもわからないのだが、なんにもわからんまま最後までありたいそういうわけにはゆかない
おそらく不定期でやります
おそらくです
常に録画ではなくたまに録画で経過を報告するものになるのではないか、と現時点では思うわけだがどうなるかはやはりわからない




こやまけいこ先生『かわうその自転車屋さん』が10巻で完結していた
買って読んだがよかった
よい漫画だった
自転車には乗らないが乗らない者でもたのしく読めるのではないか




岩原裕二先生『クレバテス−魔獣の王と赤子と屍の勇者』3、4巻を買って3巻だけ読んだ
4巻はいま入手したところ
ダークファンタジーに分類されるのかもしれないが暗くなりすぎるわけでもないしかしあっさりとひとは死ぬ
線とベタを駆使したちからづよい描写が好きで『クーデルカ』から読んでいますすべてではないが
模写していた時期もあった
またやると思う
フルカラー版もあるがわたしはモノクロを推す(冒頭はカラー

クレバテス−魔獣の王と赤子と屍の勇者− クレバテス−魔獣の王と赤子と屍の勇者− 1巻|岩原裕二|LINE マンガ
クレバテス−魔獣の王と赤子と屍の勇者− クレバテス−魔獣の王と赤子と屍の勇者− 1巻|勇者を殺し、王を殺し、魔獣は「運命の赤子」を手に入れた…。人智を超えた知能と破壊力を併せ持つ、魔獣王クレバテス。討伐の命を受けた13人の勇者たちに激昂し、人類を滅ぼすと決めた彼の手元に、思いがけない厄介な荷物が託されてしまう。それは、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました