書くみたいに話すとか.

むずかしいのかもしれない、と実況していて思ったあつかう言葉だって平易であったほうが観るにも聞くにも無理がないわけでそのように、と感じている、が、どこまでやれるか試したくもある、書く、と並行してつづけるのがもっともよいかたちであるのやもしれない、けれども他にしたいことがたくさんあるためどうであろうかどのように在るかどうしようどうしたものかどうする?




無腰は丸腰

あおのく、あおのける、あおむく、あおむけるは上をむく、むける、といったような意味の言葉だが用いた記憶がない

新派劇、旧劇すなわち歌舞伎に対し当代の世話物を演ずる演劇、と大辞林にあった

trivialism、トリヴィアリズム、瑣末な事柄にこだわる態度、瑣末主義、と大辞林にあった、三島ふう大芝居、とつづいてあって(皆川 博子『薔薇忌』)三島由紀夫をさすのだとしたらほとんど読んでいないためよくわからないのだがあー、とはなった、なんかそういう感じはする、と思った

能面はつけるではなくかけると表現するらしい、含みがあるのでしょうかなんらかの




『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』Switchパッケージ版がとどいた、ので実況したい、いわゆるメトロイドヴァニア、でいいのか?あまり遊んでこなかったたぐいのやつ、たのしみ

あと『ときめきメモリアル Girl’s Side 4th Heart』も注文した、未知のシリーズなので、というか恋愛もの自体わたしはほぼ触れてきていないので新鮮である、こうなった以上もはやときめくしかなく、ひきかえすことはできないそのつもりもない、ただ一点、過去作の知識が無いためにもったいないことをする可能性があるとは思っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました