『Nights Wave』

無辺咲むべざ埜果図のはづきさがれまろぶ。はなわせるのあらば」


縷界るかい夜気やきのささられてはしる。四季相しきそうのひとつづり、水涯みなはて揺蕩れようともあざなつまなどなかった。永遠えいえんのまどろみのなか、偽岸ぎがんほし叢雲はだれざしてみおをかたちづくってゆく。白迹はくせきのくゆりのように熟敷にぎしき淼象びょうしょうきわたり、はらつきのおぼろかなるをあなたばかりにあかしだててやがてにじんだ。沙眼さがんにとらうる如何いかなる調しらべも卵骸うから耳朶じだにはとおさない。戀屠こいはふこい憧憬しょうけいさえをもうちりすぎてぼくたちはなお此方こなた彷徨さまよいつづけている。ゆびを、深淵しんえんを、むこともなくさぐりかなでながら。


うたうようにびかける、なつかしいこえだけが、それきりばかりがかぜきつけわたしにとどくというのなら、うつくしいほどにいたこころいのりのうちにもゆきさって、とおくに真赫まあかのこのにいつはてともなくうしなって、それでしくはなかった。


旋律せんりつのゆらめいて不壊ふえなみる。教室きょうしつ窓辺まどべ薄明うすあかりにまぎれた古啁ことうのひびきをなぞるのがぼくはいっとうきでした。かわりものだとわらったら、かさねた文殼ふみがらくぐらすいとに、見詰みつめる理由りゆうむすんだろうか、きみ


なんにもらないだれかのままでいる。
そらばかり、ながめてれないわたしのままでいる。
わすれるだなんてわないで、あなたのままで、わらないでいて、ずっと。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました