『ニュクスの角灯』の第一巻を読んだら良すぎたって話

漫画

1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。

西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった……
ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)……
先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……

株式会社リイド社公式サイト 『ニュクスの角灯』作品詳細より


というわけで高浜寛たかはまかんさんの『ニュクスの角灯ランタン』について
最近、各種メディアに取り上げられているので目にした方もいるかもしれません

まず絵が良い

たしかな画力が人物、背景、登場する物品の魅力をごりごりと伝えて余りあります
特に主人公美世みよの表情が豊かで見ていて飽きません



的確かつ無駄のない描線は心地よく、眺めていると自分もなにか描きたくなってきます
鶴田謙二さんの『ポム・プリゾニエール』のときにも書きましたが、作画の資料としても参考になるのではないでしょうか

生きた人間としてのキャラクター

登場人物のそれぞれに背景があり、背景から演繹された人生観があり、となると自然、言動のひとつひとつにも息吹が宿るわけで、そりゃおもしろくもなるよなと
脇役含めしっかりと血の流れている感じがあってわたしは好きです


美世も第1巻の時点では自己肯定感の低さや自信の無さにうろたえることが多々あるのですが、能動性や自分の考えというものをうちにしっかりと持っているため要所要所で活躍を見せてくれもします


「蛮」店主である百年モモや帳簿兼裏方の岩爺がんじいをはじめとした人々との交流、物から広がる世界との出会いが彼女の資質を開花させてゆくのでしょう
2巻以降の成長が期待されます


各話間に挿入されるコラムもおもしろく読めました
アリスの初版本や女王陛下のチョコレート(英国女王から戦地の兵士に送られた)、セーラー服など、イラストと文とで紹介されています
個人的には眼鏡回がお気に入り

美世の異能


一巻時点でもちょくちょく発揮されますが、美世は異能持ち(作中では神通力と称されています)で、品物に触れることで過去と未来の持ち主がわかります
このちからがどのように物語に絡んでゆくのか気になるところです
全6巻で完結済みなので早々に続刊を手に入れたいですね


しかしながら紙版は品切れが多く増刷を待つ必要がありそう
電子版第1巻については第24回手塚治虫文化賞の受賞記念として各種サービスで無料配信されていますが、期間限定なので未読の方はいまのうちにどうぞ(ブラウザ版は上に張ったトーチwebのツイートからも読めます)


ちなみにわたしはAmazonでkindle版を注文しました
1巻のみですがkindle unlimitedにもあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました