『Proud』

あなたたちは季節きせつらない
くもののとらえがたくつめたいゆびさきのようににじ春月しゅんげつらない
はざめにとどまるひかりの位相いそうらない
たゆたうふうにこえとおつゆきはてをらない
わたしらない


千年せんねんだってだれだかをってふさぐことなんてなかった
時間じかんなんていくらのぞいたって利口りこうなばかりでこれっぽっちも必要ひつようなかった
いいわけくらい、させてほしい
うるさいちいさなどもでいたりなんてもうしないって何度なんどだって約束やくそくしたけれど、そうしたあたしでそれでもだめだなんてゆめにだってやしなかったひとつきり、わずかも


かぜのどこまでもきわやかできれいじゃない、ねえ
あなたの世界せかいにおしえてあげたいどんなにふざけた仮象かしょうであっても内在ないざいするのかすかさだけはいつだってやさしいしずかで、うそぶき、まだけないでってとおお糸雨しうゆるかせ


こたえなんてなくてだからきだってわかるのぼくらはうつろう夕凪ゆうなぎって
はじまらないでたび、てのひら、拡散かくさんするってなつかしさってあっていつだってぼんやりきしんだめもめもしない中空なかぞらをながめてまどろんだわたつみ、ゆらめくあなたの温度おんどらない
けたくって心音しんおんえがいたあさまだきだってあなたのかげよりあいよりぼくらはきっとらない

コメント

タイトルとURLをコピーしました