『テオーリア』

わたしのつたない重力じゅうりょく
ひかりのさき、どこかとか
えないで
まにまにたゆたう弧線こせんとか
いびつ
りたいふうでも目覚めざめやしないの世界せかいはとっくに終点しゅうてん
にじんでかすれたゆびさきばかりをかさねる季節きせつぼくはいて
いられたら
ゆるやかな
あざれるみたいな水果みなはての
おと色相しきそう
彼此ひし導出どうしゅつ
際限さいげんなんてないの機械仕掛きかいじかけの放縦ほうじゅう調和ちょうわきずりだされた無際限むさいげん敷衍ふえんする、かむがって、乱数層らんすうそうから歌切うたぎれの、構文こうぶんふたいでいきれないまま不全ふぜん幻夜げんや畸形きけいする
みとれないのをうそにして、わたしわたしのなんでもないのをあなたにこぼしておもなんてない
ばかみたく、いで
あいみたく
なずんだ




いまになってなんであおさなんてりたいの何度なんどだってともして
くりかえせないの軌道上きどうじょうでぼくら一度いちどだけの永遠えいえんえんじた
ゆきさって
つきだとか
ほしにだってとどかないでえがけないでわすれたってきみはそれでいい
しんじたってのぞんだってたどらないで花下かかむの架空かくうされていとえないでそれでだってきみはきっといい




みとって、ねえ
あなたはあなたを透明とうめいにしたいとおもった?
あなたはあなたを空白くうはく
あなたはあなたを離背りはいする?

コメント

タイトルとURLをコピーしました